PR

WIRED WIRED

富士フイルム「X-Pro3」は、フィルム時代の美学が魅力的なデジタル一眼カメラに仕上がっている:製品レビュー

 富士フイルムのデジタル一眼の最新モデル「X-Pro3」は、言葉では言い表せない魅力をもつカメラだ。なぜだかわからないが、外に持ち歩いて写真を撮りたくなる。そして、ほかのカメラとは違う使い方を求めてくるのだ--。『WIRED』US版によるレビュー。

TEXT BY SCOTT GILBERTSON

TRANSLATION BY TAKU SATO/GALILEO

WIRED(US)

PHOTOGRAPH BY FUJIFILM
PHOTOGRAPH BY FUJIFILM

ロゴを見なければ区別できないカメラが多いなか、富士フイルム「X-Pro3」のデザインは突出している。背面の液晶モニターが通常は格納されており、表には小さなサブモニターが付いているのだ。

これは、アナログカメラの背後にあった「メモホルダー」とよばれる機構を模している。かつて人々は、カメラのフィルムのラベルをホルダーに挿入して、装填してあるフィルムの種類を確認できるようにしていた。ここからもわかるように、X-Pro3は「デジタルであること」を誇るカメラではない。

X-Pro3を数週間使ってみたところ、このデジタルカメラは非常に限られたタイプのフォトグラファーにぴったりの製品であることがわかった。X-Pro3は、どう使われるべきかに関しての強い主張をもった製品である。

決して万人向けではないが、デジタルレンジファインダーのカメラがどういうものになれるか、そしてどうあるべきかについての富士フイルムのビジョンに共感できる人にとっては、ふさわしい製品だろう。そうでない人は、忘れたほうがいい。関心をもてないだろう。

言葉では言い表せない魅力

X-Pro3は、3年半前に発売された「X-Pro2」の後継モデルだ。個人的にX-Pro2は、いまでもお気に入りのカメラのひとつである(かつて『WIRED』US版のレビュー記事で、X-Pro2に10点満点中9点の評価を与えている)。

当時のレビュー記事では、レンジファインダーや「ハイブリッドビューファインダー」といった大胆な機構を採用したカメラだと評した。今回の製品も、そうした特徴に変わりはない。

第3世代のX-Proで変わっていない点は、これまでのモデルと同様に、言葉では言い表せない魅力を備えていることである。なぜかはよくわからないのだが、外に持ち歩いて写真を撮りたくなる。このカメラは、ほかのカメラとは違う使い方を求めてくるのだ。

富士フイルムはX-Pro 3で、その不思議な魅力を損なうことなく、さまざまな変更を加えた。例えば、このカメラを目にした人は、最初にこう尋ねるだろう。背面の液晶モニターはどこに行ってしまったのかと。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ