PR

WIRED WIRED

美しく手入れされたイギリス式庭園にも、気候変動の波が押し寄せている

 気候変動の影響が、美しく手入れされた イギリス式庭園(イングリッシュガーデン)にも押し寄せている。温暖化によって寒さに耐えられない品種でも英国で育てられるようになったり、植物の生育期が長くなったりしたことで、英国の庭に影響が及んでいるというのだ。

TEXT BY VICTORIA TURK

TRANSLATION BY MADOKA SUGIYAMA

WIRED(UK)

GETTY IMAGES; WIRED UK
GETTY IMAGES; WIRED UK

ラッパスイセンがクリスマスの前に咲いたり、バラが1月でも咲いたりする。そしてロンドン周辺の諸州でブドウがなる--。気候変動によって、英国では園芸のカレンダーに大きな影響が出ている。

気温が以前より暖かくなったいま、寒さに耐えられない品種でも英国で育てられるようになった。一方で植物の生育期が長くなり、異常気象が続き、英国の庭にも悪影響が及んでいる。

「以前よりも冬は暖かく、湿気が多くなっています。そして夏は暑く、乾くようになる傾向が出ています」と、王立園芸協会(RHS)で環境園芸チームを率いるマーク・ガッシュは言う。気候変動が植物の生育期を延ばしているので、つぼみは早くつき、花は早く咲いて長もちするようになっている。

約1カ月も早まった植物の生育期

英国気象庁のデータを引用したRHSの2017年の報告書によると、中央イングランドにおける植物の生育期は、1961年から90年までの期間よりも平均で約1カ月は早く始まっている。

ちなみに、この30年という長期における生育期の日平均気温(1時から24時までの毎正時24回の観測気温の平均)は、生育期以外の日平均気温よりも5℃以上も高い。もっとも、生育期の日平均気温は英国内でかなりの地域差があり、生育期はスコットランドでは英国南部よりもはるかに短い。

生育期の長期化は、ある種の植物には望ましい。生育期が長いと光合成できる期間も長くなるからだ。園芸家にも、省ける作業が生じる。例えば、かつてダリアの球根は霜による土中の凍結を避けるため、冬の間は土から掘り上げて保管しなければならなかった。ところがいまは、冬にそのまま土に植えておいても、まず大丈夫だ。

とはいえ植物によっては、春になってまた芽吹く前に休眠期、すなわち低温が続く“寒い日”が一定期間、必要である。「植物の生育期が長くなると、休眠期が減ります」と、王立植物園キューガーデンの名誉研究員トニー・ホールは言う。休眠期の減少によって植物は翌シーズンにひ弱になり、病気や害虫による被害を受けやすくなる可能性がある。

季節外れの暖冬は生態系にも影響

寒い期間が足りないと、果実の収量にも影響が出かねない。リンゴ、アンズ、モモなどの果樹は、いずれも冬を越えるまでの一定期間、休眠する必要がある。翌年、満を持してつぼみをつけ、花を咲かせ、果実を実らせるという一連の過程を効率よく“再開”するには、休眠期が不可欠だ。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ