PR

WIRED WIRED

任天堂の「リングフィット アドベンチャー」が世界的な品薄、その理由は新型コロナウイルスにあり

 Nintendo Switch用のエクササイズゲーム「リングフィット アドベンチャー」が、世界的な品薄になっている。新型コロナウイルスの影響で生産に遅れが生じているようだが、それだけが理由ではない。自宅にこもらざるをえない人々が手軽なフィットネスの手段として注目し、需要も価格も急騰しているのだ。

TEXT BY CECILIA D'ANASTASIO

WIRED(US)

KIYOSHI OTA/BLOOMBERG/GETTY IMAGES
KIYOSHI OTA/BLOOMBERG/GETTY IMAGES

新型コロナウイルスが世界的に広がるなか、不特定多数が集まるスポーツジムでの運動には大きな疑問符が付くことになった。だからこそ、いまは自宅でエクササイズの習慣をつけるいいタイミングである。

つまり、任天堂の家庭用ゲーム機「Nintendo Switch」をもっている人にしてみれば、同社のエクササイズゲーム「リングフィット アドベンチャー」の購入を意味するのかもしれない。とはいえ、在庫が見つかればの話である。

店舗在庫は米国のどこにもなし

アリゾナ州メサに住む33歳のブライアン・マクファーランドは、リングフィット アドベンチャーを3週間前から探し始めた。新型コロナウイルスは米国ではまだそれほど差し迫った脅威になっておらず、彼は家でひとりでエクササイズをしたいと考えたのである。

そこで家電量販店のターゲットに立ち寄ってみたが、在庫はなかった。ネットで調べてみて、リングフィット アドベンチャーの在庫があると表示されていた店舗のなかで最も近かったのは、クルマで東に15時間ほどかかるダラスの店だった。しかし、その店の在庫もほどなく消えてしまった。

近隣の数店舗のウォルマートにもなかった。ゲーム専門店「GameStop」の6店舗にも電話で問い合わせてみたが、どこにも在庫はない。マクファーランドがeBayやAmazonで探し始めてみると、なんと出品者による在庫が最高220ドル(約23,000円)で売られていた。本来の希望小売価格は80ドル(日本では税別7,980円)である。

それでもマクファーランドは、手ごろな価格のリングフィット アドベンチャーを2週間かけて見つけだした。最終的に、現金払いの100ドル(約10,300円)で売ってくれる人物をアプリ「OfferUP」で見つけ、クルマで35分かけて売り手の実家まで受け取りに行ったのである。

ネットでの価格は急上昇

2019年10月に発売されたリングフィット アドベンチャーは、プレイヤーが美しい世界を旅しながらモンスターと戦うロールプレイングゲームである。最大の特徴は、そのすべてをエクササイズで進めていく点にある。

このゲームは、Nintendo Switchのコントローラーを取り付けたレッグバンドと弾性のある大きなリングを使って、プレイヤーの動きをモニターする。ピラティスのレッスンによく似ているが、それにマンガっぽいドラゴンがついてくるのだ。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ