PR

WIRED WIRED

農作物を食べ尽くすバッタの被害は、温暖化で今後ますます加速する

 いまアフリカ東部では、おびただしい数のバッタの大群が農地の作物を食い尽くし、ここ数十年で最悪の被害が広がっている。なぜここまでバッタが大量発生し、そして人間の食糧を食い尽くしているのか。そのメカニズムを説き明かすと、さらなる地球温暖化によって被害が加速度的に広がる未来が見えてくる。

TEXT BY MATT SIMON

TRANSLATION BY MUTSUMI FUNAYAMA

WIRED(US)

TONY KARUMBA/GETTY IMAGES
TONY KARUMBA/GETTY IMAGES

アフリカ東部では、数えきれないバッタの大群が農地を駆け抜け、ここ数十年で最悪の被害が広がっている。

いまアフリカ東部を襲っているのは、聖書の時代以来といってもいいレベルの大厄災だ。数えきれないバッタが大都市ほどの大きさの群れをなして移動しており、その通り道の農作物を食べ尽くしている。エチオピアでは過去25年で最悪のバッタの大発生になっている。ケニアでは過去70年で最悪だ。

この地方では雨が異常に多かったことから植物が繁茂し、それがバッタによる大破壊を加速させている。植物の繁茂がバッタの急速な大繁殖を支えたのだ。

問題はこれからもっと深刻になる。バッタの数は6月には50倍になると予測されているのだ。国連食糧農業機関(FAO)は、“アフリカの角”と呼ばれるこの地域の被害の現状を「きわめて憂慮すべき」としており、1平方キロメートルあたりのバッタの集団が1日に食べ尽くす食糧は人間35,000人分に匹敵すると試算している。蝗害(こうがい)によって、農地の農作物も貯蔵してある農作物も食い尽くされ、アフリカ東部の農民たちは食糧不足に直面している。

バッタはイナゴやトノサマバッタなどの仲間で、群生することで知られている。この群生が被害を及ぼすのだ。約7,000種いるバッタの仲間のうち、約20種が移動に適した体である「群生相」へと変異する。群れをなす過程で、1匹1匹の個体も変化するのだ。

バッタは普段は単体での活動に最適化された孤独相(これはバッタ学者が作った言葉だ)だが、大きな群れをなすにつれて体の色が変わり、筋肉が大きくなりながら移動し、農作物を食い尽くす。「ジキル博士がハイド氏に変わるスイッチがあるようなものです」と、アリゾナ州立大学グローバル・ローカスト・イニシアチヴのディレクターであるアリアン・シーズは言う。

大雨のあとに大増殖

アフリカ東部に被害をもたらしているバッタの種類は。サバクトビバッタである。イナゴやバッタの仲間の多くが孤独相のままなのに対し、サバクトビバッタが群生相に変わるのはなぜなのか。その理由は、この種のバッタの故郷の乾燥した気候と関係がありそうだ。

サバクトビバッタは、湿気のある土壌にのみ卵を産みつける。卵を乾燥から守るためだ。砂漠に大雨が降ると、もともと日和見主義者であるサバクトビバッタたちは、狂ったように繁殖し、土壌は卵だらけになる。その数は1平方メートルに1,000個とも考えられている。卵がかえると、食べられる植物は豊富にある。その一帯がまたすっかり乾燥するまでは、の話だ。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ