PR

WIRED WIRED

大量の電力を消費するAIは、どこまで「地球に優しく」なれるのか

 人工知能(AI)は「大食い」だ。ある試算によると、ルービックキューブを解くAIの開発には、原発3基が1時間に出力する電力と同程度の電力が必要だという。こうした状況を変えるべく、いまAIを環境に優しくするためのさまざまな取り組みが進められている。

TEXT BY WILL KNIGHT

TRANSLATION BY MAYUMI HIRAI/GALILEO

WIRED(US)

「ロボットハンドを操作してルービックキューブを解くアルゴリズム」の開発には、原発3基が1時間に発電する量に匹敵するエネルギーが使われたと推測されている。WESTEND61/GETTY IMAGES
「ロボットハンドを操作してルービックキューブを解くアルゴリズム」の開発には、原発3基が1時間に発電する量に匹敵するエネルギーが使われたと推測されている。WESTEND61/GETTY IMAGES

人工知能(AI)を研究する非営利団体「OpenAI」は2019年12月、ルービックキューブを完成させるアルゴリズムを発表した。このアルゴリズムはロボットハンドを操作しながら、試行錯誤してルービックキューブを解く方法を学習するという。

素晴らしい研究成果だ。しかし、このプロジェクトには1,000台を超えるデスクトップコンピューターに加え、数カ月にわたって大量の計算を処理する専用グラフィックチップを稼働させるマシンが1ダースほど必要だった。

高度なAIには、大量の電力がいる

このプロジェクトのために約2.8GWhの電力が消費された可能性があると、AIプロジェクト管理用のソフトウェアを提供するDetermined AIの最高経営責任者(CEO)エバン・スパークスは指摘する。約2.8GWhといえば、原発3基が1時間に出力する電力とほとんど同じだ。

OpenAIの広報担当者は計算結果に疑問を呈したうえで、計算にいくつかの仮定が含まれていると指摘している。一方でOpenAIは、プロジェクトの詳細の公表や、消費電力の概算の提供を拒否している。

増えるばかりのAIのエネルギー消費

いまAIは、画像認識や会話、高度なゲームでの勝ち方、クルマの運転方法などを学習しており、目覚ましい成果を日々上げている。だが、こうしたあらゆる進歩には、アルゴリズムを開発、訓練するための膨大な計算能力と電力が必要だ。気候変動の影響がいっそう顕著になるにつれ、AIの専門家たちはこうしたエネルギー需要にますます頭を悩ませるようになっている。

「心配なのは、機械学習アルゴリズム全般においてデータ使用量が増加し、訓練期間が長くなり、エネルギー消費量が増えていることです」と、カナダに拠点を置くモントリオール学習アルゴリズム研究所(MILA)の博士研究員サーシャ・ルチョーニは指摘する。

これは学術界だけの懸念ではない。より多くの業界のより多くの企業がAIを使い始めるにつれ、AI技術が気候危機を悪化させるのではないかという懸念が広がっているのだ。

Determined AIのスパークスによると、同社はすでに巨大なAIモデルを利用する製薬会社と提携しているという。「ひとつの業界として、この問題とどう闘うのか検討することには意味があります」

率先して対応を始める研究者も

AI研究者のなかには、ツールを使って自分のアルゴリズムのエネルギー需要を追跡したり、炭素放出を相殺する措置を講じたりする対応を始めている者もいる。カンファレンスや研究論文のなかで、自分のアルゴリズムのエネルギー効率をアピールする研究者も増えた。AIのコストが上昇するにつれ、AI業界では電力消費の少ないアルゴリズムに対する新たな関心が生まれつつあるのだ。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ