PR

WIRED WIRED

ストリーミング時代に失われた“ランダム性”と、時間にかたちを与える「新しいチャンネル」の提案

 Netflixなどのストリーミングサービスのホーム画面に設けられた「カルーセル」。回転しながら次々に動画をレコメンドしてくるさまは、まさに永遠に回り続ける“回転木馬”のようだ。“回転木馬”を回し続けることに辟易したあなたに、失われつつあるテレビのある特徴をヒントにした「新しいチャンネル」を提案しよう。

TEXT BY ADAM ROGERS

TRANSLATION BY AKARI NAKARAI/GALILEO

WIRED(US)

ILLUSTRATION BY SAM WHITNEY
ILLUSTRATION BY SAM WHITNEY

NetflixやAmazon プライム・ビデオ、Crunchyrollといったストリーミングサービスのホーム画面には、番組や映画のバナーが次々と切り替わる部分がある。これをインターフェイスデザイン用語では、「カルーセル」と呼ぶ。

自分が見ているスクリーンの枠が裏側で“回転”しているカルーセル(回転木馬)の一部を、切り取って表示しているのか。それとも、眺めている自分のほうがカルーセルに乗って映像配信の世界を回転しているのか。いずれにしても、このカルーセルはあちこちに置かれている。

ホーム画面をウェディングケーキに例えるならば、カルーセルはそのひとつの段でしかない。ご存じの通り、階層をいくつか下がると、ホーム画面は「想像力に富んだSFドラマ」と「タイムトラベルドラマ」は違うものなのだと訴えてくる。

プロファイリングの結果は、ユーザーそれぞれ異なるだろう。パートナーのNetflixのホーム画面には、中年夫婦をテーマにしたドラメディ(ドラマ+コメディ)の秀作がずらりと並んでいるようだ。

回り続ける「カルーセル」

問題は、とてつもなく長い時間を費やして、さまざまなストリーミングサービスのカルーセルを回転させているということだ。45分ほど経つと、たいていは韓国の探偵モノや中東の高校を舞台にした超常現象ドラマなどに落ち着く。なかなかクールなドラマなのだが、そこにたどり着くころにはもう寝る時間になっている。

対照的だったのが、数週間前のある出来事だった。有料ケーブルチャンネルでたまたま放送していた西部劇映画「シルバラード」が素晴らしくよくて、うっかり夜中の1時半まで夜ふかしするはめになってしまった。しかも、この作品のDVDをもっているのに、だ。

そこで考えた。カルーセルなんて、やめるべきだ。こんな回転木馬は降りてしまいたい。たまには枠組みにはめ込まれずに、番組や映画を観たいのだ。

「視聴中コンテンツ」だなんて教えてくれなくても、20分で観るのをやめてしまった番組の続きが気になるなら、勝手に観ているはずだろう。本当に望んでいるのは、ボタンを押したら、あとはNetflixやAmazonやCBS All Accessが、何か観るものを差し出してくれることなのかもしれない。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ