PR

WIRED WIRED

軍用機の部品調達に悩む米空軍は、「3Dプリント」に活路を見出した

 米国の空軍機の平均経年数は23年。時間の経過に伴って難しくなっているのが、交換部品の調達である。こうしたなか、3Dプリント技術が新たな解決策を示してくれるかもしれない。

TEXT BY ALEX DAVIES

TRANSLATION BY MITSUKO SAEKI

WIRED(US)

PHOTOGRAPH BY MASTER SGT. RUSSELL SCALF/USAF
PHOTOGRAPH BY MASTER SGT. RUSSELL SCALF/USAF

グレン・ハウスらの開発チームは4年を超える歳月を費やし、超音速戦略爆撃機「B-1 ランサー」に設置する新しいトイレの完成にこぎつけた。設置場所はフロントシートの左後ろである。

しかし、開発チームにとって難問だったのは、コックピット内に便器をぴったり収めることではなく、機内の条件に耐えられる部品を確保することだった。B-1は5Gの重力を受けながら音速を超え、ときには気温が激しく変動するなかを何時間も飛び続ける。

それに単にトイレとして機能すればいいわけではない。使用中にガタガタ音を立てたり、水漏れしたりしては困る。敵側のレーダーに感知されてもいけないのだ。

さらに、トイレの製作と同じくらい複雑なのが、爆撃機内で使用するための承認を得る手続きである。「部品ひとつを許可してもらうために数年かかることもあります」と、マサチューセッツ州ウォルポールを本拠地とする2Is(ツーアイズ)の共同創業者兼社長であるハウスは言う。

2Isは2018年まで、さまざまな防衛設備用の交換部品を供給する軍事用品ビジネスを展開していた。しかし、すでに部品事業部門を売却し、現在は防衛関連のサプライチェーン用ソフトウェアの開発に力を入れている。

軍用機よりも短い、サプライヤーの寿命

軍事用部品の販売は、米国経済のなかでも特にニッチなビジネスだ。航空機や潜水艦といった大型輸送機は、数十年にわたって軍務に使われる。だがそれらが寿命を迎えるよりずっと早く、その製造元や、膨大な数の部品を供給するサプライヤーが姿を消してしまうことは珍しくない。このため、ドアノブや座席、トイレなどを新調する必要が生じると、軍はそれらを新しくつくってくれる専門業者に頼ることになるのだ。

こうした専門業者は、ほこりをかぶった古い図面から型を起こしたり、行方不明になった鋳型をつくり直したりして、オリジナルとまったく同じ規格のパーツをつくらなければならない。ひとつのアイテムの受注数がわずか2、3個ということもある。そんな極端に少ない注文のために数万ドル(数百万円)の設備投資をしていたのでは、スケールメリットが得られない。

それに使用承認を得るプロセスが煩雑であるということは、投じた資金を回収するまでに数年かかるということだ。軍との契約をためらう業者が多いのはこのためである。より確実で、手堅い仕事が好まれるのは当然だろう。

この状況が米空軍を悩ませている。空軍が保有する軍用機の多くが、冷戦時代に製造されたものだからだ。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ