PR

WIRED WIRED

エイリアンと会話するために、特別な「宇宙語」は本当に必要なのか?

 これまで人類は、まだ見ぬ宇宙の隣人とのコミュニケーションに備えて、いくつかの人工言語をつくりだしてきた。しかし、神経言語学や宇宙生物学の研究を鑑みると、エイリアンへの挨拶に最適なのは特製の「宇宙語」ではなく、わたしたちが普段使う自然言語なのかもしれない。

TEXT BY DANIEL OBERHAUS

TRANSLATION BY TOMOYUKI MATOBA/GALILEO

WIRED(US)

IVAN ALVARADO/REUTERS/AFLO
IVAN ALVARADO/REUTERS/AFLO

ノルウェーのトロムソにあるレーダー施設のアンテナが2018年5月、系外惑星「GJ237b」に向けられた。この惑星は地球から12光年先にあり、居住可能と目されている。

このレーダー施設からは、3日間にわたって“メッセージ”が送られた。この惑星にいるかもしれない何か、あるいは「誰か」が受け取ることを期待して送られたのは、いくつかの短い歌とコンテンツ解読のための手引きである。

宇宙に放たれた「地球外言語」での挨拶

このときのメッセージ送信は、非営利団体のMETIインターナショナルが17年に始めた星間交信プロジェクト「Sonar Calling GJ273b」の2回目の試みだった。

2回の発信は、どちらも「エイリアンのための音楽レッスン」と謳われたが、今回は注目すべき違いがあった。物理学者イバン・デュティルとステファン・デュマが1990年代後半に開発した「地球外言語」で収録されていたのだ。特製の表象システムは地球外生命体に対し、最初に「数」について説明したのち、より複雑なヒトの生物学的特徴や太陽系の惑星の構成などを説明している。

この地球外言語の初期バージョンは、1999年と2003年に送信された「コズミックコール」のメッセージの一部に使われていた。コズミックコールは、1974年にカール・セーガンとフランク・ドレイクが「アレシボ・メッセージ」を宇宙に送って以来、久しぶりに実施された本格的な星間コミュニケーションの試みだった。その内容はクラウドソーシングによって決定されている。

メッセージは、いつも数学で始まった

地球外知的生命体に公的にメッセージを送るこれまでの試みでは、基本的に同じアプローチが採用されてきた。まずは数と基礎的な数学を教えるのだ。しかし、神経言語学の最新の知見に照らして考えると、これは地球外の隣人たちに挨拶する最良の方法ではないかもしれない。

オランダの数学者ハンス・フロイデンタールは1960年、世界初の星間コミュニケーションシステムとして宇宙言語「Lincos」を生み出し、その後のすべての試みの礎を築いた。そして、基礎数学を中心に据えたこの言語をきっかけに、ほかの数学者や科学者も地球外言語の設計に乗り出した。

どの言語体系も、究極的にはひとつの、しかし途方もなく複雑な問題を解く試みだ。わたしたちとは別の知的生命体と、どうすればコミュニケーションをとれるだろう? しかも、その相手について何ひとつ知らない状態でだ。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ