PR

WIRED WIRED

「レーザーのヘッドライト」が道路をより明るく、クルマをさらにスマートにする

 クルマのヘッドライトの光源として、レーザー光が採用され始めた。その特徴とは、光の拡散が少なく対象物を正確に照らせるだけではない。光をデータ通信にも用いる「Li-Fi」と呼ばれる技術に利用できる可能性があるのだ。自動運転技術の進化とコネクティビティの強化によってデータ量が急増しているクルマにとって、この技術は光源とセンサーを兼ねる機器として注目されている。

TEXT BY BRETT BERK

TRANSLATION BY YUMI MURAMATSU

WIRED(US)

「わたしたちが取り組んでいることは、データを光にのせて送るというコンセプトの活用です。ただし、光ファイバーを配線する代わりに安全な白色光を用いているので、光源にもなります」と、Li-Fiの第一人者であるハラルド・ハースは語る。PHOTOGRAPH BY SLD LASER
「わたしたちが取り組んでいることは、データを光にのせて送るというコンセプトの活用です。ただし、光ファイバーを配線する代わりに安全な白色光を用いているので、光源にもなります」と、Li-Fiの第一人者であるハラルド・ハースは語る。PHOTOGRAPH BY SLD LASER

レーザー。それはまさに、黒魔術や惑星を破壊する兵器を連想させる言葉である。それを夜のドライブに使うなんて、大げさすぎると思うかもしれない。最近のLEDヘッドライトには道端の鹿をはっきり照らせるだけの光量があるので、なおさらだろう。

これに対して、サンタバーバラに本拠地を置くSLD Laserは、コヒーレント単色光を利用してレーザーで前方の道路を照らす方法を見つけたという。この技術は同社の共同創業者である中村修二によるものだ。

通常なら人間の眼には見えないレーザー光を青色の可視光にする技術を発明した中村は、2014年にノーベル物理学賞を受賞した。レーザー光を蛍光体と呼ばれる特殊なフィルターに通すことで、LEDから放出されるよりも数百倍明るく、なおかつ人間の目にも安全な白色光をつくりだしたのだ。

価格差を帳消しにする実力

SLDは現在、レーザー光によるヘッドライトを商品化している。欧州におけるBMWによる採用を皮切りに、まもなく米国でもBMW「M5」に搭載される見通しだ。

M5の価格は、レーザー光のヘッドライトを搭載することで1,500ドル(約16万2,000円)ほど上がってしまう。それでもヘッドライトのさまざまな長所が、その価格差を帳消しにする。

まず、レーザー光はほかの光源と比べて光の拡散が少ない。このため対象物をより正確に狙うことができるし、ほかのドライバーの目をくらませることも少なくなる。また、従来のライトよりもコンパクトで細い形状にできるので、デザイナーがクルマの新しい“顔”をデザインするうえで役立つ。

電動化が進んだ時代において、これは素晴らしい技術だと言えるだろう。クルマのデザイン美学において長らく焦点となってきた、長いボンネットや大きなフロントグリルが、電動化によって不要になっているからだ。さらに、レーザーは従来のライトに比べて消費電力が少なく、クルマの動力として利用するバッテリーの電力を節約できる。

データを光にのせて送る

さらに面白い点は、周囲を照らす以上のことに、この技術をいかにうまく応用できるのかである。ここで「Li-Fi」と呼ばれる世界について説明しよう。Li-Fiは、エディンバラ大学教授で移動体通信について研究し、現在はSLDのコンサルタントを務めるハラルド・ハースが生み出し、2011年のTEDで発表した用語である。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ