PR

WIRED WIRED

スマートフォンへの依存を防ぐには、「グレースケール設定」が効果的?

 スマートフォンへの依存を防ぎたいって? それなら画面をグレースケール(白黒表示)に変えてみてはどうだろうか。あらゆる色彩を画面から排除することで、想像以上の抑止効果が得られるかもしれない。

TEXT BY DAVID NIELD

TRANSLATION BY KAREN YOSHIHARA/TRANNET

WIRED(US)

PHOTOGRAPH BY APPLE
PHOTOGRAPH BY APPLE

スマートフォンの画面を眺める時間を少しばかり減らす方法はないかと調べてみると、提案されているアイデアは山ほど見つかる。「通知をオフにする」「“スマート”でない携帯電話に格下げする」「本当に必要なアプリ以外はすべて削除する」「時間管理アプリで使用時間を制限する」など、さまざまだ。腕時計を着けてみることさえ役に立つらしい。

だが、まだ試していないかもしれないシンプルかつ効果的な方法がひとつある。画面をグレースケール(白黒表示)に変えてみるのだ。あらゆる色彩を画面から排除することで、想像以上の抑止効果が得られるかもしれない。

「正の強化」を取り除く

これはシンプルなワザではあるものの、明るく輝くものに魅了されやすい人間の脳にうまく働きかける方法だ。グーグルの元デザイン倫理担当者で、「Center for Humane Technology」を設立したトリスタン・ハリスによると、グレースケールは「正の強化」[編註:ある行動の結果として好ましい刺激が与えられることで、その行動が増加すること]を取り除き、ひっきりなしにソーシャルメディアのフィードを読んだり、モバイルゲームをプレイしたりせずにはいられない衝動を鈍らせるのだという。

つまり、その狙いはスマートフォンを使う楽しさを減退させることにある。画面をグレースケールにすることで、Instagramは殺風景な灰色の流れと化し、ネット記事は退屈なほど味気ないものとなり、ゲームは視覚的な魅力を完全に失ってしまうわけだ。このグレースケール化は、ささやかなムーヴメントさえ生み出している。

画面をグレースケールに変えてみたユーザーから報告されている成功の度合いは、まちまちではある。だが、簡単に試せるので、少なくともやってみる価値はあるだろう。ひょっとしたら、スマートフォンやアプリとの関係が激変するかもしれない。

iPhoneでのグ設定方法

普段からアップルの「iPhone」を使っている場合、まず「設定」を開き、「アクセシビリティ」→「画面表示とテキストサイズ」→「カラーフィルタ」の順に進む。そして「カラーフィルタ」を有効化すると、「グレイスケール」が選択肢のいちばん上に表示される。

これを選ぶだけで、あらゆる色彩がiPhoneの画面から消え去ってしまうのだ。なお、カラーフィルタを無効にすれば、元に戻すこともできる。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ