PR

WIRED WIRED

スパイ伝統の受け渡しテクニック「デッド・ドロップ」は、このデジタル時代においても“現役”だった

 古くからスパイたちが使ってきたテクニックとして知られる「デッド・ドロップ」。顔を合わせることなく誰にも見つからず物を受け渡せる、実にシンプルかつ物理的な受け渡しの手法である。この手法、実はデジタル化が進んだ現在も広く使われていることが、とあるスパイ事件をきっかけに浮き彫りになった。

TEXT BY ANDY GREENBERG

TRANSLATION BY RYO OGATA/GALILEO

WIRED(US)

STEFANIE AMM/EYEEM/GETTY IMAGES
STEFANIE AMM/EYEEM/GETTY IMAGES

中国系米国人ツアーガイドで56歳の彭学華(エドワード・ペン)は、2015年秋からほぼ3年にわたって奇妙な“お使い”をしていた。

数カ月に1回、指定されたホテル(最初はカリフォルニア州で、のちにジョージア州)の部屋を予約し、10,000ドルか20,000ドルの現金を置いてその部屋を出る。現金はドレッサーの引き出しの中に入れたり、机やテレビ台の裏に貼り付けたりしていた。

しばらくしたら部屋に戻り、SDメモリーカードを探す。メモリーカードも家具の底面やタバコの箱の中などに貼り付けてあった。メモリーカードを入手したら部屋をあとにし、北京行きの飛行機に乗り込む。そして機密情報が満載のメモリーカードを、北京で中国国家安全部の“ハンドラー”に手渡すのだった。

スパイ伝統の受け渡しテクニック

裁判所の文書によると、この手法は「デッド・ドロップ」と呼ばれる。彭のようなスパイや、その手先のあいだで昔から用いられてきたやり方だ。彭のスパイ容疑に関する刑事告訴状に署名 した米連邦捜査局(FBI)の特別捜査官は、この専門用語について次のように定義している。

「デッド・ドロップとは、物や情報を2人の間で受け渡すスパイ技術のひとつであり、作戦の安全を維持するために秘密の場所を用いて、直に会う必要がないようにする手法である」

要するに、事前に同意された隠し場所に何らかの物(紙、データ、現金のほか、秘密の機器や兵器の部品のこともある)を置いておき、周到に受け渡す手法ということになる。受け取る側は普通に会うよりも簡単に回収できるし、見つかる可能性も低くなる。なお、彭は2019年11月25日(米国時間)に、罪状を認めている。

コントロールできる変数をできるだけ増やす手法

ギガバイト単位でのデジタルな“密輸”がインターネットを自由に行き来する時代において、古いやり方に思えるかもしれない。しかし、こうした昔ながらのデッド・ドロップが非常に有効な取引手法であり続けていることを、彭の事件は示している。

めったに使われない偏執的な手法のように聞こえるかもしれない。だが、情報や物を見つからないように送りたい、あるいは匿名で渡したいという場合、デッド・ドロップはいまも有効である--。そう語るのは、 『ニューヨーク・タイムズ』で情報セキュリティのシニアディレクターを務めていたセキュリティコンサルタントで、匿名化ソフトウェア「Tor」向けの開発を手がけているルナ・サンドビックだ。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ