PR

WIRED WIRED

全米の研究機関に送られる“ミニカー”が、自動運転技術の進化を加速させる

 ここ数年、研究や教育の場でミニカーが大活躍している。ある研究グループは、米国立科学財団(NSF)から150万ドル(約1.6億円)の研究助成金を得て、改造したミニカーを米国の各地にある研究機関に送り始めた。その目的は自律走行車の「よりよい未来」をつくることにある。

TEXT BY AARIAN MARSHALL

TRANSLATION BY GALILEO

WIRED(US)

PHOTOGRAPH BY HANNAH O’LEARY/OREGON STATE UNIVERSITY
PHOTOGRAPH BY HANNAH O’LEARY/OREGON STATE UNIVERSITY

オレゴン州立大学の助教授フサム・アバスは、今後3年でTraxxas製の改造ミニカーを80台用意し、入念に梱包して米国の各地にある研究施設へと送り届けようとしている。

主な送り先は、アリゾナ州立大学やクレムゾン大学、ニューヨーク州立大学ストーニーブルック校、カリフォルニア大学ロサンジェルス校、バンダービルト大学、アイオワ大学などだ。これらの大学の研究者たちは、全長21インチ(約53cm)、1/10スケールのフォード「フィエスタ」のラリーカーを使ってテスト走行を始めることになる。

電気工学とコンピューターサイエンスを専門とするアバスは、このミニカーが自律走行車の理解を深めるうえで鍵になることを期待している。オープンソースによる安価なミニチュアの自動運転プラットフォームをさまざまな分野の科学者33人に届けることで、自律走行車が大挙して街路を走り始める直前の重要な時期に、実験の機会を提供できると考えているのだ。

アバスらのアイデアは2019年8月、米国国立科学財団(NSF)から150万ドル(約1.6億円)の研究助成金を得た。

あらゆる領域の人々の協力を得るために

現在、フルサイズの自律走行車に「近いもの」はすでに存在する。

例えばグーグル傘下のウェイモは、アリゾナ州フェニックスで自律走行車による商用のタクシーサービスを運営している。ただし、利用者は限られており、安全性を確保するため運転席にはオペレーターが座っている。

ゼネラルモーターズ(GM)傘下のクルーズも、シボレーの「ボルト」を用いてカリフォルニア州サンフランシスコでテストしているものの、19年中にサービスを始める計画は延期された。また、米国内で20年までに自律走行する100万台の電気自動車(EV)を走らせるというテスラのイーロン・マスクの約束に対しては、専門家が懐疑的な見方を示している。

こうした企業は、もっぱら経済的な動機だけで動いていると、アバスは指摘する。

「わたしたち研究者には、もっと難しい問題を提起する自由があります。信頼性が高く、効率のいい自律走行車をつくるには、あらゆる領域の人々の協力が必要になるというのが、いまのわたしたちの認識です」

こうした考えから、NSFの助成金を得たアバスと、ペンシルベニア大学およびクレムゾン大学の同僚たちは、安全システム、エネルギー効率、サイバーセキュリティ、ロボティクスなど、さまざまな領域を研究する33人の協力者にミニカーを送ろうとしている。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ