PR

WIRED WIRED

アップルによるAI企業の買収から、「未来のiPhone」の姿が見えてくる

 このほどアップルが、人工知能(AI)を開発するスタートアップのXnor.aiを2億ドルで買収した。低消費電力の機械学習ソフトウェアやハードウェアを手がける同社の買収から見えてくるのは、利用者側に近い“エッジ”と呼ばれる領域へのAIの導入である。つまりアップルが目指すのは、AIがiPhoneやApple Watchなどに搭載され、端末そのものが学習して賢くなっていく未来だ。

TEXT BY WILL KNIGHT

WIRED(US)

AYTAC UNAL/ANADOLU AGENCY/GETTY IMAGES
AYTAC UNAL/ANADOLU AGENCY/GETTY IMAGES

このほどアップルが、“軽い”人工知能(AI)を開発する企業を2億ドル(約220億円)で買収した。この買収の本質とは、利用者に近い側、すなわち“エッジ”と呼ばれる領域へのAIの導入を進めることで、その優位性を維持することにある。

アップルが買収したXnor.aiは、低消費電力の機械学習ソフトウェアやハードウェアを手がけるシアトルのスタートアップだ。この分野はアップルやその他のテック大手にとって、AI分野における主戦場でもある。

そこでは、AIがスマートフォンやスマートウォッチ、その他のスマートデバイスに搭載され、勢いを増している。これらのデバイスはクラウドではなく「エッジ」でコンピューティングを実行する。これによって電力消費を最小限に抑えるのがポイントだ。

スタンフォード大学で教授を務め、AI向け低消費電力チップを手がけるスバシシュ・ミトラは、「エッジにおける機械学習は、これから大きな広がりを見せるでしょう」と予想する。「いかに効率的に実行できるようにするのかが大きな課題です。それには新しいハードウェア技術と設計が必要になります。加えて新しいアルゴリズムも必要です」

消費電力を減らすための試み

計算量が膨大なAIアルゴリズムを汎用チップで実行すると、大型化し、大量の電力を消費する傾向がある。そこで、AIモデルを軽量化し、電力の利用効率が非常に高い特化型ハードウェアで実行するなど、創意工夫するスタートアップが次々と登場している。Xnor.aiもそのひとつだ。

Xnor.aiは2019年3月、太陽電池からの電力のみで画像認識を実行できるコンピュータチップを実演した。同社の創業者らが執筆し、2016年にオンラインに投稿された研究論文には、効率性を高めた「畳み込みニューラルネットワーク」について記されている。特に画像処理に適した機械学習の手法のひとつだ。研究者らは、主にレイヤー間の結合を単純化し、近似したモデルを構築することで、ネットワークの規模の縮小に成功した。

アップルは、音声アシスタントを起動するフレーズ「Hey, Siri(ヘイ、シリ)」を認識したりするなど、特定のAI処理を実行するチップをすでに製造している。しかし、同社のハードウェアは今後、バッテリーの消耗を早めることなく機能を改善しなければならない。これについてアップルにコメントを求めたが、回答は得られなかった。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ