PR

WIRED WIRED

地球最強の生物「クマムシ」も、温暖化には弱いかもしれない:研究結果

 地球最強の生物という異名をもつクマムシは、さまざまな過酷な環境でも生き残ることで知られている。ところが、クマムシの一種は地球温暖化などで慢性的に高温にさらされるようになると、かなりの確率で死んでしまうようなのだ。

TEXT BY MATT SIMON

WIRED(US)

ROLAND BIRKE/GETTY IMAGES
ROLAND BIRKE/GETTY IMAGES

緩歩動物とも呼ばれるクマムシは、地球上のどんな生物よりも死を好まない。8本脚のグミベアのようなこの極めて小さな生物を、これまで科学者たちはとんでもない環境にさらしてきた。熱い湯に放り込んだり、凍らせたり、放射線を当てたり、真空にさらしたりしてきたのだ(つい最近もロケット科学者が、故意にではないにしてもクマムシを月面に衝突させた)。

それでもクマムシは、やすやすと生き延びる。周りの環境が乾燥するとクマムシはとりわけ屈強になり、糖類で体を強化して代謝をほぼ止め、“樽”状態とも呼ばれる乾眠状態に入る。

ところが、クマムシの伝説的なまでの不滅性は、ある程度までは伝説にすぎない可能性があることがわかった。例えば、これまでクマムシを極端な高温にさらした際、その時間は短く、せいぜい1時間にすぎなかった。

そこで、形態学や進化史も含めてクマムシのさまざまな生態を研究してきた科学者のグループが、新たに実験を実施した。すると長時間の高温にさらした場合は、生き延びる可能性がかなり低下することがわかった。急速に温暖化している惑星においては、胸騒ぎのする発見である。

活動状態では長時間の高温に弱かった

少なくとも1,300種のクマムシが地球の水を泳ぎ、湿った土壌をはい回っている。コペンハーゲン大学の生物学者であるリカルド・カルドソ・ネベスらは、デンマークの排水路からクマムシを採取し、研究室へと運んだ。ひとつのグループは通常の活動状態を保たせ、もうひとつのグループは乾燥させて乾眠状態に入らせた。その後、温度を上げた。

乾眠状態に入ったクマムシの場合、82.7℃という高温まで温度を上げて1時間経っても、およそ半数が生き残った。それもそのはず、クマムシは乾眠状態のときに最強なのだ。

ところが高温に24時間さらし続けると、63.1℃で50パーセントの死亡率に達する。活動状態にあるクマムシは、乾眠状態にあるクマムシよりはるかに低い37.1℃が24時間続くと、半数が死んだ。これは、これまでにデンマークで記録された最高気温よりも1℃ちょっと高いだけだ。

つまり、問題はここにある。気温が上昇して厳しい干ばつがより頻繁に起きるようになると、クマムシは生き延びるために常にしていることをするだろう。乾眠状態に入り、湿気が戻ってきて気温が下がるのを待つのだ。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ