PR

WIRED WIRED

人気のフィルターアプリ「VSCO」は、アナログの質感を「本物のフィルム」から科学的に再現している

 古いアナログフィルムがもつ雰囲気を手軽に再現できる人気のフィルターアプリ「VSCO」。この“雰囲気”をスマートフォンで再現するために、開発元はフィルムで撮影された写真からのリバースエンジニアリングによってフィルターを開発している。巨大な冷凍庫に何百本ものアナログフィルムが眠るラボでは、いかに開発が進められているのか。その現場に潜入した。

TEXT BY LAURA MALLONEE

TRANSLATION BY TAKU SATO/GALILEO

WIRED(US)

カリフォルニア州オークランドにあるVSCOのラボでは、アナログフィルムの質感を再現するフィルター「Film X」を開発するために、果物やルービックキューブなど、さまざまな色の物体を撮影している。PHOTOGRAPH BY LUCCIANA CASELLI
カリフォルニア州オークランドにあるVSCOのラボでは、アナログフィルムの質感を再現するフィルター「Film X」を開発するために、果物やルービックキューブなど、さまざまな色の物体を撮影している。PHOTOGRAPH BY LUCCIANA CASELLI

撮った写真にちょっとした編集を加え、フィルターをかけて投稿する。これはいまや、ごく日常的なわたしたちの習慣となっている。フィルターを使えば、スマートフォンで撮影した写真が突如として、1970年代のキヤノン製フィルムカメラで撮影したような独特の温かみとノスタルジックな魅力を放つようになる。

InstagramやFacebookなどのソーシャルメディアでの情報共有がますます画像中心になるなか、フィルターの仕様はごく当たり前のことになり、それ自体がアートになっているのだ。

しかし、スマートフォンユーザーがどれだけフィルターを利用しているかという話と、そのフィルターがどのようにつくられているのかという話は、まったく別のものである。

アドビの「Photoshop Express」のようなアプリは、従来の画像編集技術をモバイル端末に移植したものだ。しかし、Visual Supply Companyのアプリ「VSCO(ビスコ)」はそうではない。

冷凍保存される大量のアナログフィルム

VSCOのメンバーシップ加入者が利用可能なフィルターセット「Film X」は、コダックのアナログフィルム「Ektar 100」や「PORTRA400」「TRI-X」がもつ雰囲気を再現している(TRI-Xはストリートフォトグラファーの故ゲイリー・ウィノグランドが好んで使ったフィルムだ)。

それらのフィルターを生み出すために、同社はプログラムのコードを書くだけでなく、古いフィルムのストックを探し出し、そのフィルムで撮影された写真をリバースエンジニアリングするという地道な作業を続けている。

「これは非常に科学的な取り組みです。わたしたちはフィルムが光にどう反応するのかを測定し、その物理モデルを作成しています」と、VSCOで「画像科学担当」の肩書きをもつザック・ホッジスは説明する。「そうすることで、人々がスマートフォンのカメラを向けているのとまったく同じシーンをフィルムカメラで撮影したらどうなるのか、非常にうまくシミュレーションできます」

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ