PR

WIRED WIRED

オーストラリアの森林火災は、この地球の未来を“予言”している

 オーストラリアで続く大規模な森林火災の被害が止まらない。多数の死者が出ているのみならず、巨大な煙の雲が東海岸沿いの大都市を襲い、数百万人が深刻な呼吸器系疾患の危険に晒されている。温暖化が引き金となった大規模火災が北半球でも南半球でも起こり始めているいま、地球全体への影響を防ぐことが喫緊の課題になりつつある。

TEXT BY MATT SIMON

WIRED(US)

AAP IMAGE/DEAN LEWINS/AFLO
AAP IMAGE/DEAN LEWINS/AFLO

この地球上の人類にどんな恐ろしい未来が待っているのかを知りたければ、オーストラリアに目を向けるといい。

2019年9月から続いている大規模な森林火災によって、オーストラリアでは1,450万エーカー(約58,600平方キロメートル)が焼かれ、少なくとも18人が死亡した。巨大な煙の雲が東海岸沿いの大都市を襲い、数百万人が深刻な呼吸器系疾患の危険に晒されている。しかもオーストラリアの山火事シーズンは、まだ始まったばかりなのである。

カリフォルニア州の住民にとっては見慣れた光景だろう。ここでも気候変動や土地管理などの同じ要因が重なって、森林火災は以前より規模が大きく、広範囲の土地を焼き、より多くの死者を出している。

いまや、地球は「残り火の時代」に突入した。残り火の時代とは、氷河期のようなものと考えていい。ただし、氷ではなく世界が火に包まれる時代だ。火の歴史家であるスティーヴン・パインが言うところの「Pyrocene(火新世)」である。

カリフォルニアの火災に続く大惨事

オーストラリアでもカリフォルニアでも、温暖化によって植物は乾燥し、燃えやすくなっている。オーストラリアでは深刻な干ばつに加えて、12月中旬には猛烈な熱波に襲われ、1日の気温が同国史上最高を記録。平均最高気温は約42℃に達した。

カリフォルニアと同じように、強風によって小さな火花があおられて大規模な山火事となり、あまりの巨大さゆえに天候にまで影響を及ぼしている。カリフォルニアでは18年、勢いよく燃え広がった火災のためパラダイスという町が完全に焼け野原となった。オーストラリアでも火は急速に拡大し、町全体を飲み込もうとしている。

「これは前代未聞です」と、タスマニア大学の火災科学者であるデビッド・ボウマンは言う。「前代未聞どころではなく、大惨事です」

オーストラリアの火災は、本来なら燃えるはずのない場所にまで広がっている。例えば、火に強いはずのバナナ農園までも炎に包まれた。「農村地帯での燃え広がり方は異常です。広がるのが速すぎて、どうしようもできません。小さな田舎町に避難指示が出されていると聞くと、背筋が寒くなります」

野焼き政策の採用が転機に

カリフォルニアと同じくオーストラリアの森林火災も気候変動によるところが大きいが、数十年におよぶ誤った国内政策のせいでもある。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ