PR

WIRED WIRED

2020年は大手メーカーによるEVが勢揃いする:いま注目すべき10の電気自動車

 2020年は大手を含むさまざまな自動車メーカーから、電気自動車(EV)が発売される。EVを主軸する戦略を打ち出したフォルクスワーゲン、アウディやBMWといった高級ブランド、リヴィアンなどの新興ブランド、アストンマーティンやロータスといったスポーツカーまで、『WIRED』UK版が注目する10モデルを紹介しよう。

TEXT BY JEREMY WHITE

WIRED(UK)

PHOTOGRAPH BY POLESTAR
PHOTOGRAPH BY POLESTAR

2019年の電気自動車(EV)を振り返ると、その大きな特長は「豊富さ」だった。完全なEVの新モデルの比率は、指数関数的に高まっている。

マイルドハイブリッド機構を搭載したモデルは、すぐに中途半端なハイブリッド化と見なされるようになる。そして残された選択肢は、適切なハイブリッド機構を備えたモデルか、完全なEVの二択になっている。そして、2020年にこの状況は加速する。

テスラは新型「ロードスター」を2020年に発売するが、同社に大手自動車メーカーがようやく追いついたことは大きいだろう。適切に開発されたしっかりしたつくりの量産型EVが、あらゆる価格帯で展開される。つまり、2020年は世界のメーカーが投入するEVが勢揃いする年になる。

伝統的な自動車メーカーが手がけた都市型の小型モデルから、長距離走行が可能な新興メーカーによるピックアップトラックまで--。2020年に登場する数百台から10台を選んだ。

フォルクスワーゲン「ID.3」

フォルクスワーゲン(VW)は膨大な数のEVを投入する予定だが、なかでも鍵を握るのは手ごろな価格の新型EV「ID.3」だろう。ID.3には3種類のバージョンが用意され、意図的に「ゴルフ」と非常によく似たデザインとなっている。実際、同社は上級モデル「パサート」の室内空間と「ゴルフ GTI」のパフォーマンスを備えていると説明している。

ベースモデルの航続距離は330kmだが、最上位モデルでは550kmを実現した。室内には車載インフォテインメントの10インチスクリーンがある。パワーウィンドウとハザードランプ以外のほぼすべての操作は、ボタンやスイッチの代わりにタッチスクリーンまたはタッチパッドでコントロールする。VWによると、同社は2028年までに「ID」シリーズをベースにした車両を1,500万台生産する計画という。

リヴィアン「Rivian R1T」

EVスタートアップのリヴィアンは、電気SUV「Rivian R1S」(航続距離600km以上)を発売するとともに、R1Sと同じプラットフォームを利用した5人乗りのピックアップトラックを2020年後半に発売する。両モデルの搭載バッテリーには105kWh、135kWh、および180kWhの3種類が用意され、航続距離は順に370km、480km、600kmとなる。最高速度は時速200kmだ。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ