PR

WIRED WIRED

この地球を支える「惑星規模のコンピュテーション」とは何か?:『The Stack』提唱者ベンジャミン・ブラットンに訊く

 デザイン理論家ベンジャミン・ブラットンは、惑星規模まで拡大したコンピュテーションにより地球のあらゆる事象は規定されるという概念「The Stack」を2016年に提唱した。デザインの対象が惑星規模まで拡大するなかで、加速度的に進化するテクノロジーはわたしたちをどこに連れて行くのか。フィールドトリップのために来日したブラットンに、スペキュラティブ・ファッションデザイナーの川崎和也が訊いた(『WIRED』日本版VOL.35に掲載したインタヴューの完全版)。

TINTERVIEW BY KAZUYA KAWASAKI

TEXT BY KOTARO OKADA

ベンジャミン・ブラットン|BENJAMIN BRATTONデザイン理論家。カリフォルニア大学サンディエゴ校の視覚芸術学教授兼「The Center for Design and Geopolitics」ディレクター。ストレルカ・インスティチュートにて「The New Normal」ディレクターを務める。同校にて「地球のテラフォーミング」に関するプログラムを準備中。単著に『The Stack』、共著に『Dispute Plan to Prevent Future Luxury Constitution』など多数。
ベンジャミン・ブラットン|BENJAMIN BRATTONデザイン理論家。カリフォルニア大学サンディエゴ校の視覚芸術学教授兼「The Center for Design and Geopolitics」ディレクター。ストレルカ・インスティチュートにて「The New Normal」ディレクターを務める。同校にて「地球のテラフォーミング」に関するプログラムを準備中。単著に『The Stack』、共著に『Dispute Plan to Prevent Future Luxury Constitution』など多数。

地球に偶然にも出現した巨大システム「Stack」

--日本に来たのは、あなたが主宰するプログラム「The New Normal」のフィールドトリップのためですよね。Twitterに福島第一原子力発電所を訪れた様子をポストしているのを見ました。

Human Exclusion Zone(人間排除区域)を視察するために、福島第一原発に足を運びました。ほかにも日本科学未来館や首都圏外郭放水路にも行きましたね。

--あなたは2016年に『The Stack(スタック、「積層」の意)』を出版しました。この地球に「ユーザー/インターフェイス/アドレス/都市/クラウド/地球」という6つのレイヤーが多層的に重なったメガインフラストラクチャーが偶然にも出現したと書かれています。「The Stack」の概念について、もう少し詳しく教えていただけますか。

この本はふたつのアイデアで構成されています。ひとつは、惑星規模にまで拡大したコンピュテーション(計算装置)が伝統的な国家がもつ論理を歪め、新しい領土をつくり出していること。もうひとつは、惑星規模にまで拡大したコンピュテーションはさまざまな種類のコンピューティングの寄せ集めではなく、それ単体で回転していること。あなたがおっしゃったように、それは偶然生まれ、統合されたメガインフラストラクチャーなわけです。

例えば、地球のレイヤーでは、物理的な材料とエネルギー資源が情報コンピューティング技術の製造に使用されています。

クラウドレイヤーではプラットフォーム経済がバーチャルな地理(virtual geographies)をつくり出しています。ここでの「クラウド」はクラウドコンピューティング全般を指し、データセンター、情報チャネルなどのグローバルネットワークや、さまざまなグローバル・クラウドプラットフォームを構成するサービスなどが含まれます。

それぞれのプラットフォームは、伝統的な国家機能をもちながら、国境を越えて活動する準主権国家であるクラウド・ポリスのモデルを提案しています。グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾンなどのクラウドプラットフォームが国家の中核的な機能を吸収してしまうこともあれば、中国のようにそれに抵抗するケースも存在します。そこでは、国家とクラウドプラットフォーム間での主権をめぐる衝突が起きているわけです。GoogleのIDや「Google マップ」などは、国家をクラウドに溶解させています。クラウドが国家になり、国家がクラウドになり、この緊張関係が地政学的ドラマの原動力となっています。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ