PR

WIRED WIRED

「最近の若者は…」と言いたくなったら、それは思い込みが強くなり始めた兆候だった:研究結果

 「最近の若者は……」と思わず口に出してしまいそうになる経験は、きっと誰にもあることだろう。だが注意してほしい。どうやら「最近の若者」への批判は、自分自身の資質や過去の記憶をすっかり棚に上げて、偏見や思い込みで世間を見ているということらしいのだ。

TEXT BY SANAE AKIYAMA

MASKOT/GETTY IMAGES
MASKOT/GETTY IMAGES

現在の若者も、かつて若者だった人たちも、上の世代が「まったく最近の若者は…」と若者たちの動向を厳しく非難し、いたらなさを嘆くのを聞いたことがあるだろう。しかし、年上世代が若者たちをどう厳しく評価しようと、若者のせいで人間社会が衰退の一途をたどっているという根拠はないという。

では年上の世代にとって、「最近の若者」が衰退していると思える第一の要因は何なのだろうか? 

そのメカニズムを、オンライン学術誌「Science Advances」で発表された論文が明らかにしている。「最近の若者:なぜ若者たちは衰退していると感じるのか」と題された論文によると、人類は数千年にわたって若者が前世代と比べて“劣る”ことを嘆き続けてきたようだ。

しかし、過去数千年ずっと年長者のあいだで「最近の若者たち」に対する不満が繰り返し蔓延するということは、これらの批判が正当なものではなく、また特定の文化や時代の特異性によるものでもないということだ。むしろ、これは“人類に特有の習性”である可能性が高い。

それもそのはず。どうやら「最近の若者」への批判は、自分自身の資質や過去の記憶をすっかり棚に上げて、偏見や思い込みで世間を眺めるようになってしまった結果らしいのだ。

人は自分が平均よりも優れていると考える傾向がある

「人類は少なくとも2,600年にわたり、『最近の若者』に対して同じような不服を申し立ててきました」と、カリフォルニア大学サンタバーバラ校心理学部のジョン・プロツコ教授は説明する。彼は2,600年前からと上限を設けているが、理由はそれよりも古い文献の検証ができなかったからにすぎない。

実は年上の世代にとって、客観的に下の世代が衰退しているように見える心理的・精神的理由があるのだという。「それは心の働きに組み込まれているため、各世代は何度もそれを経験することになります」と、プロツコは言う。

例えば論文では、1624年の聖マーガレット教会のトーマス・バーンズ牧師による言葉が引用されている。「かつての若者はこんなにも生意気ではなかった。(いま)先人は嘲り笑われ、名誉ある人は非難され、判事は恐れられない」

「それは現在とまったく同じ不満です。若い世代は礼儀知らずで、目上の人たちに従わず、働きたくないと思われているのです」と、プロツコは言う。そしてこの類の不平は世代だけでなく、異なる文化でも普遍的に見られるものなのだという。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ