PR

WIRED WIRED

観葉植物もサブスクリプション、人と自然を“つなげる”仕組みがもたらす効果とは?

 観葉植物のサブスクリプションが米国で注目されている。人が自然とのつながりを求める本能的な欲求をもっているとする概念「バイオフィリア」は、特にコンクリートに囲まれて暮らしている都市生活者にとって心理的にプラスの影響を及ぼすとされる。それが定期購入というシステムと融合したことで、特にミレニアル世代を中心に支持を広げているのだ。

TEXT BY CLIVE THOMPSON

TRANSLATION BY NORIKO ISHIGAKI

WIRED(US)

PHOTOGRAPH BY TOM COOLEN
PHOTOGRAPH BY TOM COOLEN

イリノイ州のブルーミントン・ノーマル在住のアダム・バンツォフは、銀行でIT関係の仕事に就いている。彼は昨年、心が沈んでいた時期があった。「気持ちが下向きで、少しうつ気味でした」と振り返る。そんなとき、ふとした思いつきで「Horti」というサービスに申し込んだ。お金を払ってメンバーになると、毎月ひとつ、植物の鉢が届く。

ほどなく、シダの仲間であるエメラルドウェーヴの鉢がやってきた。小さく波打つ葉をした目に楽しい観葉植物だ。初めて新しい葉が伸びてくると、バンツォフはわくわくした。すっかり夢中になっていったのだ。

それから1年。Hortiから届く定期便に加え、自分でも買い足していった結果、自宅は120を超えるさまざまな植物がひしめく緑のジャングルと化している。何より特筆すべきなのは、植物の存在が気分を明るくしてくれたことだ。

「人の個性の違う一面を引き出してくれるんです。何だかヒッピーみたいな言い方ですけど。でも、自分の殻から抜け出すことができるんです」と、バンツォフは表現する。彼が出合ったのは、人が自然とのつながりを求める本能的な欲求をもっているとする概念「バイオフィリア」の実存的なパワーだった。テクノロジーを使って自然との触れあいを増やそうと試みる、新たなビジネスの世界へと足を踏み入れたのである。

バイオフィリアの“効能”

バイオフィリアの概念は1970年代初頭、心理学者のエーリッヒ・フロムが提言した。その後、生物学者エドワード・O・ウィルソンが発展させ、遺伝的に組み込まれた傾向として捉え、「人間が生得的にもつ、ほかの生命に対して抱く感情面のつながり」と定義している。

その後の研究の積み重ねから、自然との触れあいは注意欠如・多動症(ADHD)の子どもの症状を緩和させる、入院患者の回復を早める、創造力が向上する、さらには(部下をもつみなさんは覚えておきたいところだが)ホワイトカラーの仕事の生産性を高めるなどの効果があることがわかっている。

なぜなのか。完全には解明されていないが、ひとつには植物がもつフラクタル形状が人間の神経活動を刺激する点を研究者は挙げている。人工的につくられた環境ではできないかたちで刺激しながら、一方で自然光が日々の営みのリズムを律してくれるのだ。

バイオフィリアのコンサルティングを行うTerrapin Bright Greenのディレクターであるケイティ・ライアンは、自然界にはたくさんの事象が起きていて「多感覚知覚」を刺激する、と説明する。しかし、人は世界を加速度的に都市化させてきた。いまや、人間は9割の時間を屋内で過ごす。

サブスクリプションと植物との相性

皮肉に思えるが、われわれ人間が住む地球を維持するためには、都市化はよいことだ。欠かせないとさえいっていい。人口密度の高い都市は、二酸化炭素の排出量を低減できさえすれば、郊外のスプロール化を食い止められる。

人間は自然との触れあいが必要かもしれない。だが、自然は人間との触れあいなど必要としていない。この先わたしたちがとるべき道は、人口が集中する場所での暮らしを続けながら、テクノロジーとデザインを駆使して、屋内の生活空間に自然を織り込んでいくことだろう。

ひとつ有望なトレンドといえるのが、自然に触れる機会をオンデマンドで消費者に届けるサービスだ。最近、この分野でいくつものスタートアップが誕生している。商品を定期購入するサブスクリプション方式は、これまでワインやアクセサリーで成功してきたが、観葉植物にも適しているといえそうだ。

定期的に届ける仕組みは、買い手が植物を育てる力を伸ばしていく過程になじむ。Hortiの場合、初回に届くのは必ず丈夫で育てやすい(枯らすほうが難しい)植物と決まっている。実際に利用してみたときは、分厚いゴムのような葉をした多肉植物のペペロミアだった。近い将来は、トリカラーの世話をしているかもしれない。そしてこの「今月は何が届くんだろう?」というわくわく感も楽しみのひとつなのだ。

ミレニアル世代が求めていること

これがミレニアル世代の心をとらえている。見栄えのいい植物はインスタ映えするし、先の見えない毎日を生きる世代にとっては手をかけて育む対象になっているのだ。

「ペットが新たに子どもの代わりになっているとすれば、植物はペットの代わりなのかもしれない、と誰かが言っていました」と冗談交じりに話すのは、Bloomscapeの創業者ジャスティン・マストである。Bloomscapeも室内向けグリーンの定期便を扱っており、繊細な植物を元気な姿で全米各地に届けるべく、配送の方法を工夫している(例えば冬場は鉢の根元近くに保温材を添えるといった具合だ)。

ただし、あまりテクノロジーを介入させすぎないほうがいいとわかったと、マストは言う。Bloomscapeで植物を購入する人たちは、IoTを生かしたモニタリング装置を使って水やりのタイミングを知らせるようなサービスは望んでいない。「自分の指で土に触れて確かめたいのです」

本格的にバイオフィリアの概念を取り入れるのなら、自宅のリビングに鉢を並べたり、あるいはコワーキングスペースに「リビングウォール」(植物で覆った壁。壁面緑化)を設置したりするのはまだ序の口だ。もっと追求するなら、建物自体を自然との融合を考えた設計にするのだと、カーネギーメロン大学で建築を教えるビビアン・ロフトネスは言う。

自然光をふんだんに採り込める大きな窓や、壁を開放できる部屋のように「屋内と屋外の境界をあいまいにした」空間づくりが特徴だという。バイオフィリアを追求する設計者は、土を強固に突き固めた昔ながらの「版築」のような手法を取り入れたりもする。版築壁は、れんがやコンクリートよりも吸湿性や吸熱性に優れ、あまりエネルギーを使わずに建物を涼しく保つことができる。

生命を再生させるパワー

聞こえはいいが実用性に欠けるのではないか、と思う人もいるかもしれない。しかし、すでにちゃんとした実例がある。シンガポールの建築家グループが最近手がけた病院は、入院患者一人ひとりのベッド脇に広い窓を設けて外の景色が見えるようにしたほか、建物の7割で機械や動力を使わない「パッシヴ換気」を採用した。

アマゾンがシアトルに建てた新社屋「スフィア」は、ガラス張りの建物3棟に4万点以上の植物を取り入れている。屋内にある高さ16mのイチジクの木の脇には、木を素材にデザインしたミーティングスペース「鳥の巣」が設けられている。

都市化した世界を自然あふれる空間にすれば、わたしたちのすり切れた心も息を吹き返す。目で、耳で、鼻で自然を感じとれば、人間を取り巻く環境が直面している危機を意識させられる。

そして地球という星のはかなさをわたしたちに教えると同時に、生命を再生させるそのパワーに気づかせてくれる。家に届いた植物が芽吹き、その生のエネルギーをバンツォフが目の当たりにしたときのように。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ