PR

WIRED WIRED

仮想通貨のマイニングに誘うマルチ商法、詐欺被害を拡大させた5人の手口

 ビットコインのマイニング設備への投資と称して、日本円にして800億円近くをだまし取った「BitClub Network」の関係者が米国で逮捕された。被害者たちを「頭の悪い投資家」「羊」と呼んでいたという仮想通貨の詐欺集団は、いったいどんな手口で多額の資金をかき集めたのか。

TEXT BY GREGORY BARBER

WIRED(US)

ANDREY RUDAKOV/BLOOMBERG/GETTY IMAGES
ANDREY RUDAKOV/BLOOMBERG/GETTY IMAGES

仮想通貨(暗号通貨、暗号資産)の世界は、想像上の投資商品で溢れている。フェイクコイン。偽のブロックチェーンサービス。偽の仮想通貨取引所--。そしてこのほど、ビットコインのマイニング設備群への投資と称して被害者から7億2,200万ドル(約791億円)をだましとったとして、BitClub Networkという企業の4人が逮捕された。

連邦検事はこの事件を「仮想通貨の難解な世界」における「ハイテクな陰謀」と呼んでいる。だが、今回の事件は仮想通貨を軸にしながらも、典型的なマルチ商法の特徴を有している。ハッシング(ハッシュ化)と呼ばれるプロセスを通じてビットコインを発行するマイニング設備を購入するために、BitClub Networkに送金するよう投資家たちに促したのだ。

この設備を稼働させることで、誰もが(理論上は)儲かるはずだった。この企業はまた、新規参加者を募集した既存の投資家に報酬を与えていたとされる。起訴状によると、一連の計画は2014年4月に立ち上がり、19年12月初旬まで続いた。

逮捕された4人のうち、マシュー・ブレント・ゲッチェ、オバデア・シンクレア・ウィークス、シルビウ・カタリン・バラチの3人は通信詐欺を共謀し、非登録証券の勧誘および売付を共謀したとされる。4人目のジョセフ・フランク・アベルは、後者のみの嫌疑をかけられている。氏名が明らかになっていない5人目は逃走中だ。

「まぬけども」を狙った詐欺の仕組み

一連の計画は、当初は比較的小規模な詐欺だったようだが、それは大きな野望へと拡大していった。グループ内でのやりとりによると、共謀者たちは投資家をカモにすることの簡単さにほくそ笑み、「まぬけどもの上にこのモデル全体を構築する」と述べていた。被告人らは被害者を「頭の悪い投資家」「羊」などと表現していたという。

これに対して、コーネル大学教授でブロックチェーンのスタートアップであるAva Labsの最高経営責任者(CEO)のエミン・ガン・シラーは、Twitterで「彼らは間違ってなかった」と皮肉を述べている。

BitClub Networkの設立から数カ月後の14年10月、ゲッチェは「軌道に乗るまで当初の30日間は偽装する」必要があると投稿し、共謀者に会社の収入の数値を操作するよう指示したとされる。彼らは数値が正しく見えるよう、一貫性のない箇所の操作に同意したというのだ。こうした細工は、すぐにより大胆なものになった。ゲッチェはのちに、同社が「日々のマイニングの稼ぎを今日から60パーセント増大する」ように提案したとされる。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ