PR

WIRED WIRED

グーグルによるFitbit買収が、「ウェアラブルの未来」を左右する

 グーグルがFitbitの買収を発表した。一時は何社もの企業が次々に新しいデバイスを投入してきたウェアラブル市場は、いまではひと握りの大手企業によって寡占されている。今回の買収によって、ウェアラブル分野の未来はグーグルのような大手企業にますます左右されるようになるのだろうか?

TEXT BY LAUREN GOODE

WIRED(US)

JUSTIN SULLIVAN/GETTY IMAGES
JUSTIN SULLIVAN/GETTY IMAGES

フィットビットが2009年に最初のアクティビティトラッカー「Fitbit」を発売したとき、スマートフォンアプリとのデータ共有にすら対応していなかった。代わりにベースステーションにワイヤレス接続し、そこからコンピューターにつながねばならなかったのだ。

この機器自体にも多少の情報が表示されたが、視覚化された個人のアクティビティデータを見ることができるのは、Fitbitのウェブサイトだった。これは2010年代の本格的な自己定量化の時代へとつながる、いわばゲートウェイドラッグ[編註:中毒への入り口になる薬物]のようなものだったのである。

それから何年かたってFitbitは、“手の届く”ハードウェアとして知られるようになる。しかし、フィットネス分野のウェアラブル端末として同社が突出することになったのは、そのソフトウェアによってだった。具体的には、モバイルアプリやソーシャルネットワーク、睡眠トラッキング、コーチングのサブスクリプションなどである。

激変したウェアラブル業界

そしてフィットビットは、世界最大のソフトウェア企業のひとつに買収されることになった。11月1日(米国時間)に発表されたグーグルによるとフィットビット買収の目的は、「最高のAI、ソフトウェアおよびハードウェア」を集結させることで、「ウェアラブルのイノベイションに拍車をかけ、世界中のより多くの人に役立つ製品をつくる」ためだという。

これは『WIRED』US版も指摘してきたように、グーグルの「アンビエントコンピューティング」のビジョンを補完するものになる。「Apple Watch」に対抗べく技術的な“鎧”が与えられ、グーグルがヘルスケア市場をさらに深掘りしていく手助けになるかもしれない。

フィットビットのウェアラブル市場における存在感は、この3年で弱まってはいる。それでも同社は長い間、アクティビティトラッキングのウェアラブル端末において明らかにリーダー格だった。フィットビットは、BluetoothやWi-Fiを利用したウェアラブル端末における革新の10年に向けた“水門”を開き、端末に搭載されたセンサーやディスプレイ、バッテリーは年々改良されたのだ。

しかし、ウェアラブル業界はおかしな状況に陥った。多くのウェアラブルスタートアップは生き残れず、フィットビットのような一部は巨大テック企業に買収されることになったのである。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ