PR

WIRED WIRED

あの失敗した「海洋清掃マシン」が新たな舞台で復活。東南アジアの河川でプラスティックごみを回収へ

 海に漂う大量のプラスティックごみを回収すべく、全長600mの海洋清掃マシンを太平洋へと送り出したNPO団体「オーシャン・クリーンアップ」。その巨大マシンが壊れてしまったあと、新たな舞台に選んだのは東南アジアの河川だった。ごみを発生源で効率よく回収しようという試みは、今度こそ成功するのか。

TEXT BY MATT SIMON

TRANSLATION BY MADOKA SUGIYAMA

WIRED(US)

PHOTOGRAPH BY THE OCEAN CLEANUP
PHOTOGRAPH BY THE OCEAN CLEANUP

いまから1年ほど前の昨年9月、オーシャン・クリーンアップという団体が、海洋プラスティックごみの除去を目指して前例のない装置で前例のない活動を開始した。その装置とは、全長600mのU字型のプラスティック製チューブである。このチューブにぶら下げた網に東太平洋に集積したプラスティックが自然に入る仕掛けで、集められたごみは回収船がやって来てすくい上げ、陸地に運ぶ手はずになっていた。

ところが開始から数カ月後、この海洋清掃マシンはプラスティックごみを集めないばかりか、ふたつに割れてしまった。チューブの修理と機能向上のため、オーシャン・クリーンアップはこの装置をハワイまで曳航しなければならなくなった。それから数カ月後の今年10月初旬、オーシャン・クリーンアップは機能の向上した装置がついにプラスティックごみを集めたと発表した。しかしある研究者がTwitterで、この装置は海洋生物も収集していると指摘した。前例のない活動は、なかなか順風満帆とはいかないようだ。

“失敗”を経た新たな解決策

科学者たちは、オーシャン・クリーンアップの装置の設計上の選択について、装置が設置される数年前から警鐘を鳴らし始めていた。海洋生物を傷つける可能性、巨大なプラスティックからマイクロプラスティックが剥がれ落ちる事実、波の荒い海に浮かぶ全長600mのチューブの脆弱性が問題だと警告していた。どの問題も最初から明らかに悩みの種だった。

そして装置の設置後、オーシャン・クリーンアップは科学者たちが間違った解決策と考える方法に数千万ドルを費やしてきた。科学者たちによると、プラスティックごみの回収に最適な場所は、ごみが海にちょうど流れ込むところよりも前、つまり河口の少し上流である。

この意見に、オーシャン・クリーンアップは耳を傾けていたらしい。同団体は10月26日、アップルが開催するようなイベントをロッテルダムで開催し、太陽光発電で動く「The Interceptor(インターセプター)」というごみ回収船の詳細を明らかにしたのである。

インターセプターには河川に浮かべる長いフェンスが付いている。河口の少し上流でこのフェンスを広げ、集められたごみは船尾の開口部に流し込まれたあと、ベルトコンベヤーで船内の大型容器に運ばれる。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ