PR

WIRED WIRED

空港の騒音を減らすには、飛行機の「着陸方法」を改善する:スイスで始まったテストの成果は?

データの負荷が過剰になる危険は別として、滑らかで静かな経路で着陸することについてはパイロットたちもおおむね賛成するだろう。だが、常にそう考えるわけではないと、航空コンサルタントのモスは言う。

航空管制官たちは、ひとつの空港で最大数の飛行機を離発着させるために飛行機の経路を頻繁に調整するが、このような調整は騒音や効率の改善にはならない。結局のところ、飛行機の操縦には数多くの変動要因が関係し、それらはすべて相互につながっているのだ。

ペンシルベニア州立大学で航空機騒音の心理音響学を研究し、「NoiseQuest」というウェブサイトを運営しているキャスリーン・ホジドンは、「バランスをとるのは難しいことです」と語る。「騒音、効率、燃料の燃焼、地域への影響などを全体的に考慮して対応することになります」

チューリッヒでのテストで肯定的な結果が得られれば、業界のサプライヤーやエアバスなどの企業と協力して、コックピットへのデータ供給をさらにスムーズに統合したいと研究チームは考えている。飛行を(かなり)静かなものにすることで、地上にいる人々に平穏をもたらしたいと考えているのだ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ