PR

WIRED WIRED

空港の騒音を減らすには、飛行機の「着陸方法」を改善する:スイスで始まったテストの成果は?

「望まない音」で生じるストレスの重大性

ある研究は、「望まない音」によって生じるストレスは、子どもの成績の低下や、空港の近くに住む人々が心臓病を発症するリスクと関連があるとしている。カリフォルニア州のロングビーチ空港をはじめとする複数の空港が、午後10時以降に着陸した飛行機の航空会社に罰金を科し、発着枠の取り消しをちらつかせるのはそのためだ。14年には、米連邦航空局(FAA)が設定した新しい飛行経路が米国文化財保護法に違反したとして、アリゾナ州フェニックス市がFAAを提訴している。

ロンドンのヒースロー空港では、地面近くでの滞空時間が短くなるよう、降下角度を急にすることをパイロットたちに要請している。海抜が低く、平らな地形が何マイルにもわたって続くアムステルダムのスキポール空港では、騒音をそらせるための畝を築くことで、航空機の轟音が伝わらないようにしている。畝を築く際には、無人操縦の油圧掘削機が活躍している。

ドイツ航空宇宙センターでは、裁判所に出頭したり、油圧掘削機を用意したりする代わりに、パイロットたちができるだけ滑らかに着陸のための進入を行うことを望んでいる。ここで難しいのは、パイロットたちに過剰な負担を負わせることなく指示に従ってもらうことだ。

職業パイロットでもある航空コンサルタントのダグ・モスは、「着陸のための進入は、最も作業負荷が高く、最も忙しいときです」と指摘する。パイロットたちは、風や視界の状況、飛行機の重量、タキシング(自らの動力で地上を移動すること)で向かうことになるゲートなど、数多くのことを考慮しなければならない。最も重要な目標は、安全に地面に降り立つことだ。

「パイロットたちは2番目や3番目の問題に気を遣うことを望みません」と、モスは言う。「そこにもうひとつ加えると、わたしたちの仕事はさらに難しいものになります」

数多くの変動要因

ドイツ航空宇宙センターのチームも、そのことは十分に認識している。チューリッヒで実施したテストは、この方法で騒音が少なくなることの証明よりも、パイロットたちが追加情報に対処できるかどうかの確認が目的だった。

チューリッヒでのテストには、アルプス山脈上空の航行という課題が追加される。パイロットたちは北から進入したが、そのためには飛行最後の数分間に2回旋回する必要がある。飛行機の進入時には、飛行経路に沿って地上に設置された7台のマイクがA320を追跡した(マイクには電源のソーラーパネルと鳥を追い払うためのスクリーンが備わっていた)。

少なくともこのテストを実施したグループでは、コックピットに追加したディスプレイは問題にならなかったようだ。プロジェクトを指揮したドイツ航空宇宙センターの宇宙工学技術者ホルガー・デューダは、「パイロットたちの反応は非常に肯定的でした」と語る。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ