PR

WIRED WIRED

グーグルのFitbit買収は、ウェアラブルを制する野望の大きな一歩になる

 グーグルがウェアラブル端末大手のFitbitを買収することで合意した。これによって「Apple Watch」が実質的に独占する市場に一石を投じるだけでなく、人々の生活の隅々にまでGoogleのサービスを浸透させる「アンビエントコンピューティング」を実現させるという野望が現実味を帯びてくる。

TEXT BY LOUISE MATSAKIS

WIRED(US)

OLLY CURTIS/T3 MAGAZINE/FUTURE/GETTY IMAGES
OLLY CURTIS/T3 MAGAZINE/FUTURE/GETTY IMAGES

グーグルはフィットネストラッカーなどのウェアラブル機器を手がけるフィットビットを、21億ドル(約2,272億円)で買収することに合意したと発表した。噂がたってからちょうど1週間が経った11月1日(米国時間)のことだ。広告分野の巨大企業にとっては、ハードウェア事業を大幅に拡大していくという意思表示になる。

しかし、たとえフィットビットを買収したところで、グーグルは当面は「Apple Watch」が独占しているウェアラブル市場で苦戦を強いられるだろう。いつでもどこでもサービスを受けられるようにするというグーグルの明確なビジョンを実現したいのであれば、ウェアラブル市場での存在感をさらに高めていく必要がある。「Fitbit」のユーザー2,800万人が生み出す大量のヘルスケアデータを手に入れるにこしたことはない。

グーグルのデバイス部門担当シニアバイスプレジデントのリック・オスターローは、買収発表時の声明で次のように述べている。「フィットビットの専門家チームと緊密に連携し、最高水準の人工知能、ソフトウェアおよびハードウェアを統合することによってウェアラブル製品の革新に拍車をかけ、世界中のもっと多くの人々に恩恵をもたらす製品をつくり出すことができるだろう」

アンビエントコンピューティングという未来

グーグルのスマートウォッチ市場での存在感は、現時点ではアップルに続く“第2集団”の製品に搭載されている「Wear OS」にとどまっている。グーグルが今年初めに詳細が不明のスマートウォッチ関連技術を4,000万ドルで買収したフォッシルもそのひとつだ。

これはグーグルのパターンとも言えるもので、2018年には11億ドルでHTCのスマートフォンチームの大部分を買収し、独自のスマートフォン「Pixel」を開発している。既存の企業に投資することによって、社内で最初から開発するよりずっとスピーディーに遅れを取り戻すことができるのだ。

Apple Watchの競合製品を発表することができれば、「アンビエントコンピューティング」を目指すというグーグルのビジョンに華を添えることになるだろう。アンビエントコンピューティングとは、例えばウェブ検索しなければならないときなどに、いつでもグーグルのサービスを使える状態にしておくというものである。

10月に開かれたグーグルのハードウェア製品のイベントでオスターローは、「必要ないとき、グーグルの技術はただ背景に溶け込みます。このシステムの中心にあるのはデバイスではなく、あなたこそが中心なのです」と説明している。人々が同社のサービスに常に取り囲まれている未来をグーグルが思い描いているのだとすれば、人々の腕に装着できるコンピューターの開発によって、その夢の実現に一歩近づくことができる。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ