PR

WIRED WIRED

アップルが打ち出した“低価格路線“は、本当に新たな成長戦略につながるのか?

 アップルがiPhoneの最新モデルを発表した際に目を引いたのが、新たに打ち出した“低価格路線”だった。エントリーモデルの「iPhone 11」は前モデルよりも価格が下がり、さらに旧モデルを値下げして継続販売することも明らかにしたのだ。こうした戦略はアップルのエコシステムの規模を拡大し、サービスを販売するという新たな成長戦略に貢献するのだろうか?

TEXT BY DAPHNE LEPRINCE-RINGUET

WIRED(UK)

DREW ANGERER/GETTY IMAGES
DREW ANGERER/GETTY IMAGES

アップルの最高経営責任者(CEO)であるティム・クックは、毎年恒例となった新製品発表会で再びステージに立った。ところが注目されたのは、iPhoneの光沢仕上げの本体やトリプルレンズのカメラだけではなかった。製品の価格に関するアップルのスタンスが目を引いたのである。

極めて異例なことだが、アップルはiPhoneのエントリーモデルである「iPhone 11」の価格を699ドル(日本では74,800円)からに設定したのだ。これは昨年の同時期に発表された同じくエントリーモデルの「iPhone XR」の当時の価格より、50ドル(日本では10,000円)安い。さらに注目すべきなのは、11の発売に合わせてXRの価格を値下げし、発売から2年経ったiPhone8の価格を449ドル(日本では52,800円)からに設定したことだ。

それだけではない。アップルは「Apple Watch」の最新モデルである「Series 5」を発表したあと、2世代前の旧モデルである「Series 3」を199ドル(日本では19,800円)からに値下げすることを明らかにしたのである。これはワイヤレスヘッドフォンの「AirPods」と同等の価格だ。

「『1』で始まる価格を設定したことはアップルの大きな意思表示です」と、調査会社であるCCS Insightのモバイル業界アナリストであるベン・ウッドは言う。「おかげでとても手が届きやすくなり、Fitbitのような競合にとっては厳しい状況になるでしょうね」

ユーザーの心変わり

プレミアム価格で有名なアップルが、たとえ旧モデルであっても低価格路線にシフトしたことは驚きだ。しかし、昨年の販売実績を見れば、この心変わりの理由を説明できるかもしれない。アップルにとって2018年のベストセラーは、649ドル(日本では69,800円)からのiPhone XRだった。つまりエントリーモデルの販売が、ハイスペックな「iPhone XS」や「iPhone XS Max」を上回ったということになる。

言い換えればスマートフォンの購入者は、アップルの最高のスマートフォンを手に入れるために余分な金額を払いたくない、ということでもある。アップルは中国で昨年、一部のiPhone、iPad、Mac、AirPodsの価格をおよそ6パーセント値下げした。これは中国におけるiPhoneの販売数が「予想以下」だったことに対応したものという。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ