PR

WIRED WIRED

探査機が墜落して月面に残されたクマムシは、いったいどうなってしまうのか?

 イスラエルの月面探査機が、着陸の直前に墜落して月面に衝突した。この探査機には、記録媒体に収録された3,000万ページ相当の情報に加えて、人間のDNAサンプル、数千もの緩歩動物--すなわちクマムシが載せられていた。これは地球全体の“バックアップ”をつくって宇宙に残すという、壮大な計画の一環だったという。だが、月に残された最強生物のクマムシは、いったいどうなってしまうのか?

TEXT BY DANIEL OBERHAUS

TRANSLATION BY MADOKA SUGIYAMA

WIRED(US)

クマムシの名でも知られる緩歩動物は、食料や水がなくても何年も生存できる微小生物だ。そのクマムシが月に“降り立った”のである。SCIENCE PICTURE CO/GETTY IMAGES
クマムシの名でも知られる緩歩動物は、食料や水がなくても何年も生存できる微小生物だ。そのクマムシが月に“降り立った”のである。SCIENCE PICTURE CO/GETTY IMAGES

そのとき、イスラエルのイェフドにあるイスラエル・エアロスペース・インダストリーズ(IAI)の管制センターにいた全員が、ふたつの大きなプロジェクターのスクリーンに見入っていた。今年4月11日の午前0時にならんとしていたときのことだ。

左のスクリーンにはIAIの月面探査機「Beresheet(べレシート)」から地球に次々に送られてくるデータが映し出されていた。べレシートは民間宇宙船として初めて月に降り立とうとしていたのだ。右のスクリーンには、月の「晴れの海」にべレシートを軟着陸させるために用意されたエンジンが作動している様子を、そのまま映した動画が流れていた。

ところが、着陸予定時刻のわずか数秒前に、左のスクリーンの数値の流れが止まったのである。管制センターと探査機との交信が途絶えた直後、探査機は月面に衝突した。

クマムシを積んだ探査機の墜落による問題

そのときノバ・スピバックは地球の裏側のロサンジェルスの会議室で、管制センターから送られてくるベレシートのライヴ配信を見ていた。スピバックはアーク・ミッション財団の創立者として、ベレシートの月面探査にあらゆるものをつぎ込んできた。アーク・ミッション財団は「地球のバックアップ」の創造を目的とする非営利団体である。

この月面探査機は同財団初の「ルナーライブラリー」を携えていた。このライブラリーはDVDの大きさのアーカイヴで、3,000万ページに及ぶ情報、人間のDNAサンプル、数千もの緩歩動物を収めていた。緩歩動物、すなわち微小生物の「クマムシ」は、ほぼどんな環境でも生き延びることができる。宇宙でも生存可能なのだ。

ベレシートの爆発をイスラエルのスタッフが確認したとき、スピバックは難問に直面した。既知の宇宙で最強とされる生物によって月面を汚染してしまったのではないか、という疑念が頭をもたげたのだ。

べレシートが墜落してからの数週間、スピバックはルナーライブラリーが衝突でも破壊されなかったかどうかを突き止めるべく、財団のアドバイザーたちを招集した。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ