PR

WIRED WIRED

フェイスブックが「脳信号を読み取るリストバンド」の開発企業を買収した真意

 フェイスブックが新たにスタートアップを買収した。買収先は脳から手への信号をとらえ、考えるだけで文字入力や操作を可能にする技術を開発するCTRL-labsだ。この買収はフェイスブックが長きにわたって研究しているVRやARの研究を、いかに加速させることになるのか。

TEXT BY STEVEN LEVY

TRANSLATION BY ASUKA KAWANABE

WIRED (US)

SAMUEL CORUM/GETTY IMAGES
SAMUEL CORUM/GETTY IMAGES

データ収集によって「ユーザーの頭の中を覗こうとしているとしている」と非難されることの多いフェイスブック。その同社が、文字通り脳にアクセスする技術を開発している企業を9月23日(米国時間)に買収した。ただし、その目的は頭の中を覗くことではない。脳でデバイスを操作できるようにすることにある。

今回フェイスブックが買収したのは、CTRL-labs(CTRLは「コントロール」と読む)という設立4年目のスタートアップで、マシンラーニング(機械学習)と神経科学によって脳でコンピューターインターフェイスを操作する技術を開発している。なお、買収額は非公開となっている。

「人の意図を汲み取るので、わずかな動作や何かをしようと意図するだけで写真を友だちと共有できます」。フェイスブックでAR・VR技術部門担当バイスプレジデントを務めるアンドリュー・ボスワースは、声明のなかで同社の新しいおもちゃについてこう述べている。

腕につけたバンドで信号を読み取る

CTRL-labsは、仮想現実(VR)と拡張現実(AR)両方のデバイスに変革を起すような技術をもっている。例えば、フェイスブック傘下のオキュラスのヘッドセットにこの技術が搭載される場合を考えてみてほしい。あるいは、将来の文字入力やスワイプは、この技術を通じて行なわれるようになるかもしれないのだ。

脳とマシンをつなごうと試行錯誤している企業はいくつかあるが、CTRL-labsはそのなかでも実用的な技術を開発している企業だと考えられている。共同創業者のトーマス・リアドンは元マイクロソフトの社員で、のちに同社初のブラウザーとして知られることになる「Internet Explorer」のプロジェクトを立ち上げた人物だ。その後しばらくテック業界を離れて神経科学で博士号を取得し、神経科学者のパトリック・カイフォシュとともにCTRL-labsを立ち上げた。

CTRL-labsは、人間の頭に直に穴を開けたりはしない。その代わり、ユーザーはダサい大きめの腕時計のようなバンドを手首に装着する。このバンドが脳から手へと伝わる信号をとらえ、コンピューターやスマートフォンに直接信号を発するのだ。これによって、こう手を動かしたいと「考える」だけでコントロールが可能になる。

2017年にCTRL-labsを訪ねたとき、脳を使ってゲーム「アステロイド」をプレイし、CTRL-labsの社員が指をかすかに動かすだけで文字入力する様子を見学したことがある。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ