PR

WIRED WIRED

その利益は誰のもの? 音楽配信で止まらない「偽物」の不正アップロードが浮き彫りにしたこと

 SpotifyやApple Musicといった音楽配信サービスで、非正規の流出音源などをアーティストの“偽物”が不正アップロードする事態が続いている。こうした問題があとを絶たない要因を考えると、「誰に利益がもたらされているのか」に関心をもたないまま消費者がコンテンツを切望し続けている現状が浮き彫りになる。

TEXT BY NOAH YOO

TRANSLATION BY MASUMI HODGSON/TRANNET

ラッパーのプレイボーイ・カーティ(本物)。未発表曲「Kid Cudi」が不正にアップロードされた。NATT LIM/GETTY IMAGES
ラッパーのプレイボーイ・カーティ(本物)。未発表曲「Kid Cudi」が不正にアップロードされた。NATT LIM/GETTY IMAGES

ラッパーのプレイボーイ・カーティ(本物)。未発表曲「Kid Cudi」が不正にアップロードされた。NATT LIM/GETTY IMAGES

音楽ストリーミングサービスの「Spotify」で今春、Lil Kambo(リル・カンボ)という名のラッパーが「Kid Carti」という曲で200万回のストリーミング再生を達成した。メジャーレーベルに所属せずにセルフリリースしたアーティストとして、これは並外れた実績だ。

ただ問題は、リル・カンボという人物が実在していないことだった。そして「Kid Carti」という曲は、ラッパーのプレイボーイ・カーティの未発表曲「Kid Cudi」(以前は「Pissy Pamper」と呼ばれていた)のピッチを変えた音源のリークだったのである。

この曲はプレイボーイ・カーティがしばらく発表をにおわせていて、ライヴで披露するとまで言っていた曲だった。要するにリル・カンボはバイラルヒットを飛ばしたアーティストではなく、ただの偽物だった、というわけである。

しかも、アーティストによる公式リークではない。それにもかかわらず、Spotifyに4月19日にアップロードされてから膨大な再生数を稼ぎ、米国のSpotifyのバイラルトップ50で1位に輝いた。

配信サービスに蔓延する“偽物”たち

この人物にまつわるメタデータを見ると、次のような情報が見えてくる。「Kid Carti」は、リル・カンボによって作曲・演奏された楽曲としてSpotifyに登録されており、配信登録を代行するディストリビューターのDistrokidを通じてSpotifyにアップロードされていた。

なお、スポティファイは昨年、Distrokidの株式の一部を取得している。リル・カンボのSpotifyのプロフィールに公開されているほかの曲は、「Diamonds Real」と「Made It Back」のみで、これらはかつてリークされたラッパーのリル・ウージー・バートの楽曲だった。

リル・カンボのプロフィールにあった「Fans Also Like(ファンならこれもお気に入り)」のタブを見れば、さらに多くのなりすましが存在していることがわかる。そのうちのふたりは、UnocartiとUnocompacといった名で、プレイボーイ・カーティのプレス向け写真を使用している。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ