PR

WIRED WIRED

いま、バナナが絶滅の危機にひんしている

 わたしたちにとって身近な果物であるバナナが、いま絶滅の危機にひんしている。バナナ生産の中心地である南米に、バナナに壊滅的な打撃を与える病原菌が上陸したのだ。除去することが極めて困難とされるこの真菌だが、これ以上の感染拡大を防ぐ手立てはあるのか。

TEXT BY MATT REYNOLDS

TRANSLATION BY MADOKA SUGIYAMA

WUNCHANA SEUBWAI/GETTY IMAGES
WUNCHANA SEUBWAI/GETTY IMAGES

わたしたちになじみがある果物のバナナが、いま絶滅の危機にひんしている。過去30年にわたって東南アジアのバナナ農園に大打撃を与えてきた恐ろしい真菌が、科学者の長年恐れていた事態をついに引き起こしたのだ。それは世界のバナナ輸出市場の中心地であるラテンアメリカへの上陸である。

コロンビア農業研究所(ICA)は8月8日、トロピカル・レース4(TR4)と呼ばれる真菌のフザリウム・オキシスポラム(Fusarium oxysporum)が、コロンビア北部の複数の農園で検出されたと発表した。この発表を受け、コロンビア政府は緊急事態宣言を発令し、この真菌の拡大を防ぐためにバナナを廃棄したうえ農園を検疫した。

最大の品種が絶滅の危機に

実はラテンアメリカでは、以前にもこうした状況に陥ったことがある。1950年代まで最も輸出されていたバナナの品種は、グロスミッチェルだった。これがTR4とは異なるフザリウム菌によって、ほぼ絶滅したのである。

現在輸出されている品種のキャベンディッシュがグロスミッチェルにとって代わったのは、当時のフザリウム菌に耐性があったからだった。いま輸出されているすべてのバナナの99パーセントはキャベンディッシュで、そのほとんどはラテンアメリカで栽培されている。

「わたしたちが直面しているのは、キャベンディッシュまで失うかもしれないというかなり絶望的なシナリオです」と、エクセター大学で食糧安全保障を専門とする生物科学部教授のサラ・ガーは言う。1989年に台湾で初めて発見されたTR4は東南アジアで蔓延したのち、レバノン、イスラエル、インド、オーストラリアでも検出されている。だが、これまでラテンアメリカでは、この病原菌の上陸を完全に回避してきたのである。

「TR4はひとたび国内に入ると、除去するのは非常に困難です」と、ガーと同じエクセター大学生物科学部で上級講師を務めるダン・ベバーは指摘する。TR4は土のなかで生息し、ほかの農園から移植されたバナナや、不潔なタイヤやブーツから広がっていく。そして土壌で何年も潜伏したのち、バナナの根から維管束(水や養分を運ぶ組織)に広がり、バナナの栄養を枯渇させる。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ