PR

WIRED WIRED

なんと1900馬力! EVのハイパーカーをピニンファリーナがつくると、かくも“激しい”のに美しくなる

 フェラーリのデザインで知られるデザインハウスのピニンファリーナが、初の自社ブランドモデルを発表した。完全に電気モーターだけで駆動するEVのハイパーカーは、価格が日本円にして2億円超。そして1,900馬力という異次元の性能をもちながら、ピニンファリーナならではの流麗なデザインを身にまとった。その激しくも美しい新モデルは、いかに生まれたのか。写真とともに詳しく紹介しよう。

TEXT BY ALISTAIR CHARLTON

TRANSLATION BY GALILEO

PHOTOGRAPH BY AUTOMOBILI PININFARINA
PHOTOGRAPH BY AUTOMOBILI PININFARINA

いまから約14年前、ブガッティは1,000馬力の「ベイロン」で、スーパーカーの新たなベンチマークを打ち立てた。いまや自動車業界ではスーパーカーのベンチマークとなる出力が、その2倍にも達しようとしている。当時との決定的な違いは、途方もないパワーを発生するのがゼロエミッションの電気自動車(EV)であることだ。

2019年3月のジュネーヴ・モーターショーで初公開された「ピニンファリーナ・バッティスタ」が、かつてのベイロンや「マクラーレンF1」に並ぶ重要な1台としてスーパーカーの歴史に名を残すことを狙っているのは明らかである。この2台は強烈なパワーを誇るとともに、当時のライバルたちが提供していなかった、ある程度の豪華さや上品さも持ち合わせていた。世界最速と公道向けの洗練さの両方を実現できることを証明してみせた2台だったのだ。

デザインハウスとして有名なピニンファリーナから派生した自動車メーカーのアウトモビリ・ピニンファリーナも、同社初の市販車で同じ方向性を目指した。想定されているのは、裕福なオーナーが欧州全土にわたるビジネストリップや長い週末の小旅行にバッティスタを駆り出し、ときにはサーキット走行も楽しむといった使い方だ。ちなみに車両価格はオプション装備を一切加えない状態で、200万ユーロ[約2億3,900万円]前後と予想されている。

ピニンファリーナは、バッティスタが「ラグジュアリーカー」であると主張しているが、その性能が多くの記事の見出しを飾るのは間違いない。ここでもまず、率直に言ってバカバカしいほどの性能から話を始めよう。

もはや異次元のパフォーマンス

なんと1,900馬力という途方もない出力の源泉は、クロアチアのEVメーカーであるリマック・アウトモビリが開発したバッテリーパックと、その電力で駆動する4つのモーターだ(ケーニグセグや「アストンマーティン バルキリー」などのバッテリーセルもリマック・アウトモビリの製品である)。要するに、バッティスタのホイールひとつあたり475馬力を発生する。最新型の「ポルシェ911 カレラS」1台の最高出力(450馬力)すら上回る数字だ。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ