PR

WIRED WIRED

iPhoneは大量の資源を消費するが、実は地球環境の保全に貢献している

 初代の発売から12年目を迎えたアップルのiPhone。累計20億台以上が出荷されてきたこれらのデバイスには、大量の資源が使われている。だが、スマートフォンに代表されるデジタル機器は、地球をただ一方的に枯渇させているわけではない--。マサチューセッツ工科大学(MIT)デジタル経済イニシアチヴの共同創設者、アンドリュー・マカフィーによる考察。

TEXT BY ANDREW MCAFEE

TRANSLATION BY KAREN YOSHIHARA/TRANNET

WIRED(US)

JUSTIN SULLIVAN/GETTY IMAGES
JUSTIN SULLIVAN/GETTY IMAGES

アップルのiPhoneは12年前に発売されて以来、累計20億台以上が販売されてきた。ユーザーに多くの恩恵をもたらしてきた一方で、その存在は地球にとってみれば厄介な問題のようにも見える。これほど多くのデバイスを製造するには、大量の金属やプラスティック、ガラス、その他の天然資源が必要になるからだ。

なかでもコバルトなどいくつかの天然資源は、コンゴ民主共和国のような極めて貧しい国で手掘りで採掘され、子どもが働かされるケースもあるという。また、使われている素材のなかにはレアアースなど、比較的供給量が少ないものも含まれる。欧州化学会(European Chemical Society)が実施したプロジェクトでは、こうした素材の多くは100年以内に枯渇する「深刻な恐れがある」ことも明らかになっている。

あらゆる資源の消費が増えているわけではない

スマートフォンは電力消費量も多く、その電力の大半は世界中の化石燃料を燃やすことでまかなわれている。ある推定によると、データ使用量が多いユーザーのスマートフォンの年間電力消費量は、冷蔵庫に匹敵するほどになるという。

いまやiPhoneなどのデバイスが欠かせなくなっている「デジタル経済」の電力使用量は、地球上の総電力の約10パーセントを占めている。スティーブ・ジョブズは「宇宙に衝撃を与えよう」と言っていたが、ジョブズが創業したアップルやその競合企業によって送り込まれたデバイスは、地球全体の健康に大きな衝撃を与えているように感じられる。

だが、重要なデータのいくつかは、どうもこの悲観的観測とは一致していないようだ。

例えば、米国での総電力使用量は、過去10年間にわたりほぼ横ばいの状態を維持している。またプラスティックについては、サブプライムローン問題に端を発した世界的な金融危機以前の数十年では、米国における消費の伸び率が経済成長率の1.5倍以上だったにもかかわらず、2009年以降になるとその状況が逆転し、プラスティックの消費量の伸び率は経済成長率に比べて15パーセント減速している。

また、その他の天然資源の大部分は、消費量の伸び率が鈍化しただけではない。消費量が減少しているのだ。米国では年を追うごとに、鋼鉄や銅、金、肥料、水、農地、材木、紙、また経済を構成するその他の物的要素の使用量が全般的に減少している。だが、こういった資源が不足する事態が差し迫っているという市場心理を裏づけるデータは、ほとんど見られない。例えばレアアースの価格は、近年のピーク時よりもはるかに低い水準に留まっている。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ