PR

WIRED WIRED

気候変動で多くの種が絶滅する? 地球上の生物は、あまりに急速な環境変化に適応できていない:研究結果

 急速に進む気候変動のスピードに多くの生物が追いついておらず、絶滅してしまう危険性がある--。そんな恐ろしい研究結果が、このほど60人を超える専門家たちによって発表された。生物は環境の変化に適応しようと何らかの“進化”を遂げているが、それでも気候変動の速さに追いつかないというのだ。

TEXT BY MATT SIMON

TRANSLATION BY CHIHIRO OKA

WIRED(US)

ARCO KERSTIN/GETTY IMAGES
ARCO KERSTIN/GETTY IMAGES

わたしたちの美しい地球は、気候変動のせいで混沌とした状態に陥りつつある。海や森林の変化が生態系に影響を及ぼし、数百万種もの生物が絶滅の危機に脅かされているのだ。

それでも希望がないわけではない。例えば繁殖期をずらすなど、平均気温の上昇に合わせて生態を変化させている種も多いからだ。体温の発散を効率的に行うために小型化している生物すらいるという。

ただ、科学者たちは現状をあまり正確に把握できていない。そこで気候変動に適応するための進化の実態を理解するために、60人を超える専門家が1万件に上る過去の研究の再分析を行なった。その結果をまとめた論文が、このほど科学誌『Nature Communications』に発表された。

気候変動の速さについていけない鳥たち

専門家たちは、人間が引き起こしている大混乱が生物にとって過酷すぎるかもしれないという事実を発見した。何らかの進化が見られる種でも、その速度は気候変動のスピードに追いついておらず、結局は絶滅してしまう恐れが高いという。

環境の変化への適応状況を考える場合、たいていはふたつの観点から研究を行うことになる。形態学と季節学だ。形態学は生物の構造的および形態的な特徴を調べる学問で、冒頭で述べたような小型化といった事象が対象となる。一方、季節学は季節の推移と生態周期との関係に注目する。繁殖や移動の時期などの変化を調べるのだ。生物分野の既存の研究は、大半が形態学的な視点からのものとなる。

今回の論文の調査対象となった種には鳥類が多い。これは鳥類は観察がそれほど難しくないためで、巣箱さえ用意してやれば、繁殖の様子や孵化したひなの大きさといったことを比較的容易に確認できるからだ。この記録を分析すれば、鳥たちが温暖化にどう対処しているかがわかる。

論文では、17種の鳥について形態的な変化が認められた。論文の筆頭著者であるライプニッツ野生動物研究所のビクトリア・ラドチュクは、「北半球に生息する鳥は全般的に何らかの適応反応を見せていますが、長期的に個体数を維持するレベルでの順応はできていません」と話す。

つまり、鳥たちは急激に進む気候変動についていけていないのだ。繁殖時期をずらし、ひなの巣立ちが餌になる虫が増える季節に重なるようにするといった行動は観察されているが、とにかく気候変動のスピードが速すぎるという。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ