PR

WIRED WIRED

市販が決まったEV版「ミニ」は、電動ならではの魅力で市場を牽引する

 BMWが電気自動車(EV)版の「ミニ」を発表した。2020年3月に出荷が始まる「ミニ クーパーSE」は、エンジン版のスポーツモデルに匹敵する加速性能を備えたホットハッチだ。EVとしては低価格な新モデルは、自動車業界における台風の目になる可能性を秘めている。

TEXT BY JEREMY WHITE

TRANSLATION BY MADOKA SUGIYAMA

WIRED(UK)

PHOTOGRAPH BY BMW
PHOTOGRAPH BY BMW

消費者が一般的にクルマの購入に興味をなくしている状況にもかかわらず、BMWとミニの電気自動車(EV、プラグインハイブリッド車を含む)の販売台数は、2018年に前年比38.4パーセント増の14万2,617台に達した。従来型のエンジン搭載モデルが数百万台も売れていることを考えれば少ないが、EVがBMWグループの未来を担う分野であることは疑いようがない。

今年の1月、BMWグループの取締役会会長だったハラルド・クルーガーは「年末にはBMWグループが計50万台のEVを市場に出せると確信しています」と語っていた。7月9日に公開されたミニ初の市販EV「ミニ クーパーSE」は、BMWグループにおけるEVの市場拡大という使命において、明らかにかなりの部分を占めている。

英国では政府の補助金を使うと2万4,400ポンド(約330万円)から購入できるミニ クーパーSEは、BMWグループのEVのなかで最も新しいだけでなく、最も低価格だ。価格は2013年に発売されたEV「BMW i3」よりも低くなっている。すでに英国では予約が始まっており、2020年3月に出荷が始まる予定だ。

電気で走るホットハッチ

重要なことから先に説明しよう。このEVの性能は非常に魅力的だ。ホットハッチの「ミニ クーパーS」に匹敵するスペックをもつミニ クーパーSEは加速性に優れており、時速0~62マイル(約100km)の加速は7.3秒、最大出力184馬力、最大トルク270Nm、最高速度は時速93マイル(約150km)である。

ドライビングモードは4種類ある。「スポーツ」モードではステアリングの反応がよりダイレクトになり、加速が鋭くなる。「ミッド」モードはマイルドなステアリング特性となり、「グリーン」モードではアクセルの反応が緩やかになる。

さらに、「グリーン+」モードでは、エアコンなどの快適装備の利用を制限するか無効にして節電し、走行距離を伸ばす。BMWによると満充電からの走行距離は、WLTPモードで124~144マイル(約200~232km)になるという。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ