PR

WIRED WIRED

クルマの高性能な「眼」が低価格になり、完全自動運転の実現が近づいてきた

 自律走行車にとって“眼”の役割を果たす高性能センサー「LiDAR」の低価格化が一気に進んだ。スタートアップのルミナー(Luminar)が、わずか500ドルという低価格のLiDARを発表したのだ。これによって市販車に搭載される自動運転技術の性能が飛躍的に高まる可能性が出てきた。

TEXT BY ALEX DAVIES

TRANSLATION BY MADOKA SUGIYAMA

WIRED(US)

ルミナー(Luminar)が発表した第3世代のLiDARユニット「Iris(アイリス)」。重さ2ポンド(約907g)足らずで大きさは炭酸飲料の缶くらいなので、クルマのバンパーにも搭載できる。PHOTOGRAPH BY LUMINAR
ルミナー(Luminar)が発表した第3世代のLiDARユニット「Iris(アイリス)」。重さ2ポンド(約907g)足らずで大きさは炭酸飲料の缶くらいなので、クルマのバンパーにも搭載できる。PHOTOGRAPH BY LUMINAR

どんな装置にも弱点はある。大きすぎたり遅すぎたり、融通が利かなかったりするのだ。自律走行車で使われるレーザーを用いたセンサー「LiDAR(ライダー)」も例外ではない。テスラのイーロン・マスクがその筆頭格だろうが、LiDARを批判する人々は自律走行車に搭載する際のコストを問題視している。

業界最大手のベロダインは、クルマの屋根の上で回転するLiDARを生産している。その価格は約75,000ドル(約810万円)だ。自動運転タクシーや完全自律走行車のコストを乗客の運賃で償却しようと考えている企業にとって、あまりに高いコストは頭が痛くなるはずだ。自家用車への搭載となると、最初から話にもならないほど高額である。

「LiDARを当てにしている人に未来はない」--。テスラが4月に初めて開催した投資家向けイベント「オートノミー・デー(Autonomy Day)」で、マスクはそう語った。「高価な盲腸をたくさんもっているようなものです。盲腸はひとつだっていらないのに、あんなものがたくさんあっても仕方ないですよね」

ところが、自律走行車を開発中のメーカーの大半は、LiDARについてマスクとは違う受け止め方をしている。このセンサーを、自動運転技術という安全かつ実行可能なシステムにとって退化器官である盲腸のように不要なものではなく、極めて重要な要素だと考えているのだ。だからこそ、そうした企業の多くがLiDARのシステムを独自開発したり(ウェイモがそうだ)、LiDARのメーカーを買収したり(GMクルーズやオーロラ・イノベイション、アルゴAIがそうだろう)している。

そしてLiDARを独自開発しない企業は、ルミナー(Luminar)が7月4日に発表した製品を歓迎した。同社が開発した新しいLiDARは、わずか500ドル(約54,000円)。自動運転タクシーのみならず、市販車にも搭載できる低価格なのだ。

低価格な車載向けユニットの驚き

カリフォルニア州パロアルトを拠点とするルミナーは、この新しい第3世代のLiDARを「Iris(アイリス)」と名づけた。大きさは炭酸飲料の缶くらい、重さは2ポンド(約907g)足らずで、クルマのバンパーに取りつけられるくらい小型だ。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ