PR

WIRED WIRED

「偽画像」にはカメラの“スマート化”で対抗せよ--電子透かしを撮影時に埋め込む技術、米研究チームが開発

 写真が改ざんされたことを容易に検知できるように、カメラでの撮影時に電子透かしをデータに組み込む技術を米大学の研究チームが開発した。画質を損なうことなく写真の内容に変更が加えられたことを検知できるもので、偽動画の「ディープフェイク」の対策になる可能性も期待されている。

TEXT BY LILY HAY NEWMAN

TRANSLATION BY MADOKA SUGIYAMA

WIRED(US)

MEHANIQ/GETTY IMAGES
MEHANIQ/GETTY IMAGES

捏造された写真、あるいは偽の動画である「ディープフェイク」を見抜くのが極めて難しい理由は、いくつかある。ひとつは、デジタル写真のファイルにおいて、不正がすぐわかるようなコード化が施されていないからだ。

こうしたなか、ニューヨーク大学タンドン工科学校の研究者たちは、写真に変更が加えられたか簡単に識別できる方法の開発に挑んでいる。この方法によって、写真の捏造との戦いに新たな道が切り開かれるかもしれない。

セキュリティ事故の原因究明などのためにコンピューターに残された証拠を調査するフォレンジックアナリストは、画像の変更を見抜く手がかりとなるデジタル上の特徴を特定してきた。

しかし、こうした特徴は、写真がデジタル操作されたか必ずしも正確に示すわけではない。また、オンラインでのアップロードや画像共有の際に用いるファイル圧縮といった、あとからなされる処理によって、せっかくの手がかりもたいていは無駄になってしまう。

それでは、不正を防ぐための目印が、カメラ本体によって付け加えられるとしたらどうだろう? ニューヨーク大学の研究チームは、デジタル一眼カメラか一般的なスマートフォンのカメラかにかかわらず、カメラに信号処理機能を内蔵できることを実証した。この技術の基本的な仕組みは、写真のコードに電子透かしを入れるというものである。

ニューラルネットワークを活用

研究者たちは、カメラの内部における写真の生成プロセスを強化するために、機械学習によってニューラルネットワークを訓練することを提案している。

カメラで撮影すると、レンズに当たった光をセンサーが感知して高品質の画像に変換する。これと並行してニューラルネットワークが消せない目印をファイルに付けていく。あとで必要に応じてフォレンジックアナリストがチェックできるようにするためだ。

「セキュリティについて人々はいまだにきちんと考えていません。(画像の真贋を判定するには)撮影の瞬間に迫らなければならないのです」。今回のプロジェクトに携わったニューヨーク大学の研究者のひとりであるナジール・メモンはそう語る。メモンはマルチメディア分野のセキュリティとフォレンジック(デジタル鑑識)の専門家でもある。

「そこで、“鑑定”しやすい画像を生成する技術の開発に取り組みました。そうすれば、一般的な画像より分析しやすいからです。高品質な画像を生成してからフォレンジックの技術に頼るという従来の手法と比べて、ずっと積極的なアプローチと言えます」

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ