PR

WIRED WIRED

フェイスブックは、ロボットに「好奇心」を授けようとしている:新しいAIラボの現場から見えてきたこと

 フェイスブックが新たに本社内に設けたラボでは、ロボットが滅茶苦茶な動きをしながら課題に挑んでいる。この不可思議な動きは、ロボットの「好奇心」の現れだ。あえて答えを与えずにロボットを学習させることにより、フェイスブックの主席AI研究者でチューリング賞の受賞者でもあるヤン・ルカンといった専門家たちは、AIとロボットの両方を賢くしようと試みていた。その研究現場をレポート。

TEXT BY MATT SIMON

TRANSLATION BY MAYUMI HIRAI/GALILEO

WIRED(US)

PHOTOGRAPH BY FACEBOOK
PHOTOGRAPH BY FACEBOOK

フェイスブックが開発中のロボット用プラットフォームは、一見ちょっとしたカオス状態だ。

宮殿のように豪華な本社内に新設された研究所では、赤と黒のロボットアーム「Sawyer(ソーヤー)」が、機械音を出しながらくねくねとめちゃくちゃな動きを続けている(Sawyerは、2018年にドイツのハーン・グループに買収されたリシンク・ロボティクス[日本語版記事]の製品である)。

ロボットアームは、自分の右側にある所定の位置までちょっと手を動かすはずだった。しかし、その手は上へ上へと上昇してコースを外れたあと、開始位置までリセットされる。今度は手が右に移動し、目標位置にかなり近いところまでいったが、残念ながら再びコースを大きく外れそうになり、またもやリセットされた。見守っている側はイライラさせられる。

この狂ったような動きは、実はこのロボットがもつ「特別な賢さ」の証明でもある。このロボットは、自分で学習しながら世界を探究しているのだ。

この特別な賢さが、より優れたロボットだけでなく、より優れた人工知能(AI)開発の鍵を握っているとフェイスブックは考えている。さらに同社によると、これがいつの日か、テレプレゼンス・ロボットのような高度な知能をもつ機械につながる可能性もあるという。

「世界のモデル」を学ぶ機械

現時点のロボットたちは、かなり頭が悪い。「こうすると前へ進む」「アームはこう動かす」など、あらゆることをコードを通じて説明してやらなければならないのだ。

学ぶことに関しては、人間の方がずっと賢い。赤ん坊でさえ、視界の外へ移動した物体が、物理的宇宙から消えたわけではないことを理解している。ボールは転がせるが、ソファーは転がせないこと。ソファーからは転げ落ちても大丈夫だが、崖から転がり落ちたらそうではないことを学んでいく。

このような実験的行動のすべてが、脳内に構築される世界のモデルのベースとなる。成長してクルマの運転を習うときに、すぐにクルマを衝突させずに済むのはこのためだ。

フェイスブックの主席AI研究者であるヤン・ルカンは、「崖の横を走っているときに道路の外側に向けてハンドルを回すと、クルマが崖から落ちることをわれわれは理解しています」と話す。われわれの脳内には自分で学習した世界のモデルがあり、そのおかげでわれわれは馬鹿な真似をせずにいられるのだ。

フェイスブックは、そのようなモデルを機械にも与えようとしている。「世界のモデルを学ぶシステムをつくることが、AIの飛躍的進歩を達成するための次の挑戦だとわたしは思っています」とルカンは言う。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ