PR

WIRED WIRED

「アップルの美学」そのものであるジョナサン・アイブと、精神的な同志だったジョブズが共創したもの

 アップルを退社することが明らかになったジョナサン・アイブ。彼は精神的な同志でもあったスティーブ・ジョブズとともに完璧さを追求し続け、数々の“作品”を残してきた。自らの製品に異常なまでの情熱を傾ける「アップルの美学」そのものだったアイブは、ジョブズとともにアップルに何を残し、去って行くのか--。アイブと親交が深かったジャーナリストで『WIRED』US版のエディター・アット・ラージ(編集主幹)、スティーヴン・レビが振り返る。

TEXT BY STEVEN LEVY

TRANSLATION BY CHIHIRO OKA

WIRED(US)

MATT WINKELMEYER/GETTY IMAGES
MATT WINKELMEYER/GETTY IMAGES

「わたしが何かを買うとしたら、自分たちのやっていることに対して無関心な企業ではなく、異常なくらい熱心な企業の製品を選ぶ。そういう企業なら、細部にまで十分に注意を払うからなんだ」

ジョナサン・アイブはこれまでずっと、細部に強いこだわりを見せてきた。アップルを離れることが決まったアイブは、クパチーノではほとんど神格化された存在と言っていい。

アイブは自分のデザインした製品について語るとき、その背後にある包括的なコンセプトを説明することもあった。ただ「iMac」から「iPod」「iPad」「iBook」「iPhone」まで(そして「i」のつかない製品も含めて)、彼が本当に話したいのは、微妙な曲線や外部からは見えないネジ、完璧な艶を生み出すポリマーの素性といったことだった。

「異常なまでの情熱」という共通言語

冒頭のアイブの言葉は、アイブと故スティーブ・ジョブズとの2000年の共同インタヴューからの引用だ。ジョブズはアイブの師であり、精神的な同志だった。この発言はアイブの消費者としての態度だけでなく、彼自身の在り方について語ったものである。

自らの製品に異常なまでの最大限の情熱を傾けること。そして、それはアップルの美学でもあった。

アップルの共同創業者で長年にわたり最高経営責任者(CEO)を務めたジョブズは、アイブの内面に自分と似たものを見出した。アップルらしさを追求し、製品を究極という域にまで高めていくたは、アイブはジョブズにすら噛み付いたのだ。

ジョブズもアイブも、完璧は無理だということは理解していた。現代の科学の限界や価格的な制約、人間としての弱さが、それを妨げるからだ。それでも、ふたりがつくり上げた“作品”には、完璧さの追求という強い意志が表れていた。だからこそ人々は驚嘆したのだ。

それに何よりも、アップル製品は優れていた。ジョブズとアイブは、最も重要なのは顧客の要望で、ニューヨーク近代美術館(MoMA)の学芸員の賞賛を得ても仕方ないという点で意見が一致していた。いくつかの失敗はあり、その偏執的なこだわりが冗談のネタにされることも多かったが、このふたりの組み合わせはアップルに素晴らしい成功をもたらした。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ