PR

WIRED WIRED

“ファッショナブル路線”を強化するアマゾン、その「次の一手」が見えてきた

 アパレル販売を強化しているアマゾンが、インフルエンサーとのコラボを打ち出したコレクションを限定販売する新ブランド「The Drop」を立ち上げた。インフルエンサーの写真をアップすると写真で服を検索できるアプリも投入するなど、“ファッショナブル路線”を強化するアマゾン。一連の動きからは、衣料品業界でもグローバル市場の攻略を狙う戦略が透けて見えてくる。

TEXT BY LOUISE MATSAKIS

TRANSLATION BY MITSUKO SAEKI

WIRED(US)

MICHAEL BLANN/GETTY IMAGES
MICHAEL BLANN/GETTY IMAGES

流行の服を買いたいとき、Amazonは最高にお勧めのサイトとは言い難い。レディースファッションの売れ筋ランキングで上位を占めるのは、地味なアイテムばかりだ。体を締めつけないワンピースや伸縮性が売りのトレーニングウェアをはじめ、靴下や下着まで、聞いたこともないブランドの商品がずらりと並んでいる。だからといって、アパレル販売におけるアマゾンのパワーを軽く見てはいけない。

老舗百貨店が軒並み売り上げ不振に陥るなか、アマゾンは衣料品販売で米国屈指の人気を誇る企業になった。特にミレニアル世代からの支持が厚い。女性向け高級ファッションのショップボップ(Shopbop)や靴のザッポス(Zappos)といった子会社を擁するほか、衣料品の自社ブランドをいくつかもつ。

そしていま、ファッションに敏感な消費者層を新たに呼び込むための試みを始めている。狙うのは、ソーシャルメディアを席巻するインフルエンサーと、そのフォロワーたちだ。

アマゾンはこのほど、新ファッションブランド「The Drop」を発表した。インフルエンサーたちとコラボレーションしたコレクションをシリーズで限定販売するブランドだ。マーケティング資料によると、アマゾンではインフルエンサーたちを「インターナショナル・トレンドセッター」と呼ぶらしい。

コレクション第1弾のデザインを担当したのは、インスタグラムで100万人のフォロワーをもつパオラ・アルベルディだ。コレクションには60ドル(約6,400円)のピンク色のブレザーや、25ドル(約2,700円)のノースリーヴの白Tシャツなどが並ぶ。

販売期間は30時間限りだ。アマゾンによると、「無駄を出さないように」全品オーダーメイド方式をとる。併せてThe Dropでは、ベーシックなデザインのアイテムもとり揃え、こちらについてはいつでも買えるようにするという。

「実用一点張り」からの脱却

大半の衣料品業者より潤沢なリソースを有するアマゾンだからこそ、こうした実験的なことができるのだろう。もしかしたらThe Dropは、これまで現れては消えていった同社のさまざまな試みと同じ道をたどる可能性もある。とはいえ、衣料品のグローバル市場攻略をさらに進めようとするアマゾンの強い意志を示すサインが、またひとつ出されたことは確かだろう。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ