PR

WIRED WIRED

車いすや義肢を使う「バービー人形」は、子どもたちの無限の可能性を示している

 バービー人形のラインナップが多様化している。肌や髪の色、体型などにバリエーションがある現在のラインナップに、新たに車いすに乗っていたり、義肢をつけたりしているバービーが追加されることになったのだ。障害のある当事者たちや大学の研究機関とともにつくり上げられた“インクルーシヴ”なバービーたちは、どんな思いのもとに誕生することになったのか。

TEXT BY BRITTNEY MCNAMARA

TRANSLATION BY MADOKA SUGIYAMA

Teen Vogue

PHOTOGRAPH BY MATTEL
PHOTOGRAPH BY MATTEL

バービーが初めて世に出てから60年が経った。現在のバービーは、これまでの姿とは大きく異なっている。かつてのような「極端なブロンドの白人女性」としての唯一無二の姿ではなく、実際にバービーを手にとる子どもたちのように、さまざまなルックスを忠実に表現しているのだ。

いまだに白い肌とブロンドの髪がバービーの基本ではある。しかし、マテルの「バービー・ファッショニスタ」ラインに新たに加わったバービーは、肌が黒かったり、髪が褐色だったり、体型もやせていたり、カービーだったりする。そして今回、車いすに乗ったバービーも登場したのだ。

“当事者”たちとつくり上げた義肢や車いす

マテルは今年2月、ファッショニスタ・ラインに新たにブレイズヘアやこれまでになかった体型、身体に障害があるバービーを追加することを発表した。バービーは車いすや取り外し可能な義足をもつようになったのだ。

子どもたちが多様であることと同じように、バービーのラインナップも多様化させるべく、ここ数年で100以上の新たなタイプが加わった。なかでも最新のラインナップには、バービーファンの要望がとりわけ率直に反映されている。マテルの副社長でバービーデザインの統括責任者であるキム・カルモーネ(現在は同社上級副社長)は『Teen Vogue』の取材に対して、このように語っている。

「車いすに乗っていたり、身体に障害があったりする人形を発売します。バービーが義足をつけているのです。体型もこれまでとは違うものを加えます。以前よりも控えめなバストで、ウエストもあまりくびれていません。車いすや車いすに乗ったバービーは、お客さまとのホットラインで特にリクエストが多かったアイテムのひとつです。わたしたちにとって大切なのは、お客さまの声に耳を傾けることなのです」

身体に障害がある人々をきちんと表現するため、マテルは当事者たちとともにこれらをつくり上げた。車いすの制作はカリフォルニア大学ロサンジェルス校(UCLA)のチームと協働したほか、義手を使っている12歳のジョーダン・リーヴスの協力も得た。カルモーネによると、ジョーダンは「義肢を取り外し可能にすればよりリアルになるのではないか」など、細かいところまでデザインチームに助言したという。

「取り外せる義肢」というジョーダンのリクエストについて、カルモーネはこう振り返る。「なるほど!と、大きく膝を打ちました。義肢を使って暮らしている人にとって、それがどれほど大切なことか、デザインチームだけでは気づかなかったかもしれません」

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ