PR

WIRED WIRED

ビットコイン誕生から10年、シリコンバレーがたどった「バブルへの道筋」を振り返る

 仮想通貨のビットコインが、2019年1月に誕生から10年を迎えた。ビットコインが世界を変えるのだという高い理想が掲げられていた一方で、そこには投機へとつながる動きが明確に隠されていた--。10年の軌跡から、いま改めてビットコインの功罪を考える。

TEXT BY NOAM COHEN

TRANSLATION BY RYO OGATA/GALILEO

WIRED(US)

PHOTO: GEORGE FREY/GETTY IMAGES
PHOTO: GEORGE FREY/GETTY IMAGES

仮想通貨(暗号通貨、暗号資産)であるビットコインが誕生してから、この1月に10周年を迎えた。振り返ると、それはなんと激しい展開だっただろうか。

最初はひっそりと始まり、オランダのチューリップバブル以来の急激な高騰を経て、その基盤となっているブロックチェーン技術をベースに模倣されたあらゆる通貨が興隆した。そして2018年には、価格が急激かつ着実に低下した。

ハリウッドスターの寿命に関するおなじみのジョークをシリコンバレー風にアレンジすると、「ビットコインって誰だ?」に始まり、「ビットコインを起用したい!」「ビットコインっぽいものを起用したい!」に続き、「ビットコインって誰だ?」と変遷してきたことになる。

発明者とされる「サトシ・ナカモト」が、“ジェネシスブロック”と呼ばれる最初の台帳を採掘してから10年--。ビットコインは、熱狂のさなかに生まれた単なる寓話以上のものを生み出した。

ビットコインは、アーリーアダプターによる富の創造と、特に中央集権的な銀行の制度を破壊することに焦点を置いていた点で、シリコンバレーの気質ともダイレクトに結びついている。フェイスブックやグーグルのような会社は社会の損失を顧みずお金のために大衆を操作しようとしている--そんな考えの持ち主なら、ビットコインにまつわるストーリーは、おあつらえ向きの原典になるだろう。

天才的な発明品

ビットコインには、まだ歴史が比較的浅い時期に出合った。1ビットコインは当時17ドル(約1,880円)だったが、その時点でさえ下落からの回復半ばだった。

「これはとんでもない思考実験だ」と、そのとき感じたことを覚えている。デジタル通貨の宿命である「コピー」を防止し、絶えず更新される「消せない帳簿」を通じて、所有者をみんなに公表する。そんな仮想通貨を、どこかの天才が発明していたのだ。

ただ、これといった利用はまだ見られなかった。ビットコインを受け入れている企業をバーモント州に1社、ハンガリーに1社といくつか見つけたが、そうした企業でさえビットコインの試みすべてについては懐疑的であるような印象を受けたものだ。

一方で、ビットコインはオンラインの強力なコラボレーションツールとして可能性があるように見えた。あるいは、お金のやり取りをしたくないグループ内で、信頼を稼ぐ方法のようでもあった。例えば、高い透明性で運営され、最新版の状態を誰もが認識している「Wikipedia」も、熱心な人たちのグループが価値を生み出すために使うプログラムである。

とはいえ、互いの考え方やプロジェクトを共有することなく、ビットコインを決済として受け入れようという人がいる理由が、当時まったく理解できなかった。しかし、いまになって明らかなことがある。わたしにはビジネスの才覚もディストピアを空想する才能も、あまりなかったということだ。

「思考実験」から投機へ

2011年を振り返ってみると、そこには不吉な兆候があった。「ビットコインを時価総額の観点で自分は考えている」と、ビットコインを運営するソフトウェアの開発を率いていたギャビン・アンダーセンが語っていたのだ。ビットコインの価値は「コインの価格」と「流通しているコインの総数」を掛け合わせたものだという意味である。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ