PR

WIRED WIRED

ロボットが仕事を奪うのは、「男性・若年層・少数派の人種」からだった:研究結果

PHOTO: GIULIO NAPOLITANO/BLOOMBERG/GETTY IMAGES
PHOTO: GIULIO NAPOLITANO/BLOOMBERG/GETTY IMAGES

 われわれの仕事に仕事の自動化の波がせまっているが、そこからどんな影響を受けるかは人によってさまざまだ。米国のシンクタンクであるブルッキングス研究所は、地域や性別、年齢、人種別での自動化の影響を算出した。そこから見えてきたのは、全般的に男性や若年層、そして少数派の人種が影響を受けやすいというデータだった。

TEXT BY TOM SIMONITE

TRANSLATION BY YUMI MURAMATSU

WIRED(US)

テクノロジーは間違いなく、米国の仕事場に改革を起こしている。

米国にあるアマゾンの倉庫では、12万5,000人以上の従業者とともに10万台以上のロボットが働いている。実店舗型の小売業を象徴していたシアーズとブルックストーンは、どちらも破産してしまった。

マシンやソフトウェアがどんどん賢くなっていくなか、いったい何人の労働者が職を失うことになるのだろうか? そして、職を奪われることになるのは誰なのだろうか?

4分の1の仕事で変化が起こる

イーロン・マスクのようなシリコンヴァレーの“予言者“たちは、もうじきアルゴリズムによる失業が津波のように押し寄せると予想している。だが、雇用を研究する経済学者たちは、これに異を唱えている。

彼らの研究によると米国の労働者は、津波よりもっと穏やかな革命の波に洗われることになるという。機械の能力向上によって、仕事の内容が少しずつ変化していくのだ。

そして、このほどブルッキングス研究所が発表した新たな研究によると、こうした変化の影響を最も受けやすいのは若年層・ヒスパニック系・黒人の労働者である。また、女性よりも男性のほうが仕事に大きな変化がみられるという。

研究では、近年の経済成長の恩恵が不均一に配分されたように、機械による自動化の影響も不均一に表れるだろうと分析されている。そして経済成長でも自動化でも、損をするのは非白人労働者や経済的に不安定な労働者たちなのだ。

「(ほとんどの労働者にとって)仕事に現れる変化は、概してかなり対応しやすいものだといえるでしょう。大学を出ている労働者の場合は特にです」と、ブルッキングス研究所の上席研究員であるマーク・ムロは話す。

この研究によると、自動化によって今後20年の間に内容が大きく変わる仕事は全体の4分の1だと推定されている。さらに歴史を顧みれば、新しいテクノロジーは新たな仕事も創出するだろう。

しかし、ムロは次のようにも語っている。「あまり安心できないのは、そのような労働者たちより下まで範囲を広げると、地域やデモグラフィック[編註:性別、年齢、居住地域、収入、職業、学歴などの属性]によって大きな違いが見られるということです」

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ