PR

WIRED WIRED

なぜ、はしかは危険なのか? その圧倒的な感染力と、人体への脅威となるメカニズム

 はしか(麻疹)が国内外で猛威を振るっている。世界一感染力の強い病気とされ、長期的な後遺症を残すこともある感染症は、いかに素早く広がって人体にダメージを与えるのか。その恐るべきメカニズムを解説する。

TEXT BY MEGAN MOLTENI

TRANSLATION BY TOMOYUKI MATOBA/GALILEO

WIRED(US)

麻疹ウイルスは最も感染力が強く、人体の免疫機能を乗っ取り、恐るべきスピードで拡散する。PHOTO: BSIP/UIG VIA GETTY IMAGES
麻疹ウイルスは最も感染力が強く、人体の免疫機能を乗っ取り、恐るべきスピードで拡散する。PHOTO: BSIP/UIG VIA GETTY IMAGES

2019年のいま、麻疹(はしか)が再び全世界で猛威を振るっている。現在進行形で流行しているフィリピンでは4,300人が罹患しており、ウクライナでは18年12月以降15,000人以上が感染した。マダガスカルでも数十年ぶりの大流行となり、18年10月以降に50万件以上の症例が報告され、300人が死亡した。

現在のところ米国では、高いワクチン接種率のおかげで患者数は少ない。しかし、反ワクチン感情が強い[日本語版記事]一部の地域では麻疹が復活してきている。米国立疾病管理予防センター(CDC)によると、現在ワシントン州、ニューヨーク州、テキサス州の5カ所で流行が発生しており、100人あまりが感染した。

麻疹ウイルスは、空気感染する呼吸器病原体のなかではエリート的な存在である。麻疹は世界一感染力の強い病気なのだ。麻疹ウイルスは肺に潜り込み、支配権を得る。地下鉄の中で患者が咳をすれば、免疫のない人の10人に9人は感染する。人体から排出され空気中に存在するウイルスは、最大2時間も生き続ける。

免疫システムを1週間でダウンさせる

科学者にとって、麻疹がこれほど圧倒的な感染力をもつ理由は長年の謎だった。しかし、顕微鏡検査と遺伝学の進歩により、このウイルスの感染力が恐ろしく強い理由がようやく明らかになってきた。

「原因はふたつあります」と、メイヨー・クリニックで30年以上にわたって麻疹ウイルスの研究を続けてきた分子生物学者ロベルト・カッタネオは言う。ひとつは、ウイルスが最初に感染する細胞の種類に関係している。肺胞マクロファージと呼ばれるこの免疫細胞は、気道を巡回し、ほこりや花粉など吸い込んだ異物をかたっぱしから取り込み、分解する。そして肺胞マクロファージの表面には、麻疹たんぱく質に適合する受容体がある。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ