PR

WIRED WIRED

メルセデス・ベンツの電気SUV「EQC」は、万能の普段使いを目指してつくられた

Messenger

 メルセデス・ベンツが電気自動車「EQC」を2019年後半に欧州から順次発売する。「普段使いのクルマ」を目指してつくられたこのSUVのテスト走行に、『WIRED』US版のライターが同乗する機会を得た。その走りやデザインは、いかなるものだったのか?

TEXT BY JACK STEWART

TRANSLATION BY GALILEO

WIRED(US)

メルセデス・ベンツの電気自動車「EQC」は、誰もが全体的に満足できるクルマ、誰に対しても多くの妥協を強いないことを目指したクルマとしてつくられた。PHOTOGRAPH COURTESY OF DAIMLER AG
メルセデス・ベンツの電気自動車「EQC」は、誰もが全体的に満足できるクルマ、誰に対しても多くの妥協を強いないことを目指したクルマとしてつくられた。PHOTOGRAPH COURTESY OF DAIMLER AG

ラスヴェガスで1月に開催された「CES 2019」の会場に設けられた、まだクルマが1台もいない早朝の駐車場。ここで、あるクルマを撮影していた。メルセデス・ベンツの電気自動車(EV)「EQC」である。

このSUVは、大容量のバッテリーと十分な航続距離、ゆったりとした室内空間をもつ期待のEVシリーズ「EQ」ファミリーの第1弾となるモデルだ。今回の同乗走行(メルセデスはこれを「開発同乗ドライヴ」と呼ぶ)は、同社がこうした目標を達成できるかどうか確かめるチャンスでもある。

運転席に座るエンジニアのバスティアン・シュルトは、メルセデス・ベンツのテストおよび開発担当シニアエンジニアだ。「テスラ時代」における競争の命運を左右する、このクルマの開発チームに加わっている。

「心地よくダイナミックで快適なドライヴィングができる、普段使いのクルマをつくりたいと望んでいました。トルクとパワーがある楽しさがあり、同時にとても安全なクルマです」と、シュルトは言う。別の言い方をするなら、誰もが全体的に満足できるクルマ、誰に対しても多くの妥協を強いないことを目指したクルマだ。

EQCの0-60mph(0-96km/h)加速は4.9秒。これは最速の部類ではないものの、充電器付きのガレージにテスラやジャガーの「I-PACE」、アウディの「e-tron」といったクルマを収める隣人たちと張り合うには、十分な速さだろう。

メルセデス・ベンツは、米国市場向けにはまだ航続距離を公表していないが、他社との比較にはこの値が重要だ(同社は発表会で「200マイル(約320km)前後」と説明したが、のちに撤回した)。なお、このクルマは欧州では19年後半、米国では20年初頭に発売されることになっている。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ