PR

WIRED WIRED

人工知能が「スタークラフト2」で人間に勝利、その闘いから見えた機械学習の次なる課題

Messenger
IMAGE COURTESY OF STARCRAFT
IMAGE COURTESY OF STARCRAFT

 人工知能が、リアルタイムストラテジーゲーム「スタークラフト2」でプロのプレイヤーを打ち負かした。このAIを開発したのは、世界最強の囲碁棋士を打ち負かした「AlphaGo」で知られるアルファベット傘下のDeepMindだ。囲碁より複雑なゲームでのAIの勝利は大きな進化だが、その闘いぶりは機械学習の課題と限界も浮き彫りにしている。

ITEXT BY TOM SIMONITE

WIRED(US)

グーグルの親会社であるアルファベット傘下で人工知能(AI)を研究するDeepMind(ディープマインド)が12月、人間とAIとの闘いで密かに新たな金字塔を打ち立てていた。同社はその成果を1月24日、約3時間のストリーミングのなかで披露した。「AlphaStar(アルファスター)」という名のAIが、リアルタイムストラテジーゲーム「スタークラフト2」でプロのプレイヤーを打ち負かしたのだ。

人間のチャンピオンであるポーランド出身の25歳、グジェゴシュ・コミンチュこと「MaNa」は、AlphaStarに5-0で敗れた。機械学習でゲームを学んだAIは、eスポーツで総額数百万ドルの賞金をかけて戦うプロたちですら知らないような戦略を見つけだしたようだった。「いままでスタークラフトで闘った、どんな相手とも違っていたんだ」と、コミンチュは振り返る。

想定の範囲内の結果

今回の闘いは、さまざまなゲームでトップクラスの人間を打ち破ってきたDeepMindのAIの歴史のなかでも、最も複雑なものだった。AIは1994年にチェッカーで、97年にはチェスで人間を打ち負かしている。そして2016年には、DeepMindの「AlphaGo(アルファ碁)」がAIとして初めて囲碁のチャンピオンを破った。

AlphaGoの勝利は驚くべきことだった。囲碁の達人たちは、こうした事態が訪れるのは少なくとも10年は先だと思っていたからだ。それを思えば今回のAlphaStarの勝利はおおかた想定の範囲内と言える。

はっきりしたのは、機械学習は十分なデータ量とコンピューターの処理能力さえあれば、特定の課題ならどんなに複雑であっても解決できるという事実だ。

ジョージア工科大学の准教授で人工知能を研究しているマーク・リードルは、今回のニュースには興奮させられたものの、驚きというほどではなかったという。「時間の問題だと思っていました。ゲームで人間を打ち負かすというのも、よくある話になってきていましたから」

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ