PR

WIRED WIRED

フォルクスワーゲンの「モバイル充電ステーション」は、EVの普及を加速できるか

Messenger

 フォルクスワーゲンが「モバイル充電ステーション」のコンセプトを発表した。充電インフラが未整備の場所に設置できる巨大なモバイルバッテリーのようなシステムで、集合住宅の居住者などにも最適だという。こうした新しい仕組みによって同社は電気自動車の普及を加速し、ディーゼル不正問題による“贖罪”を終えることができるのか。

TEXT BY AARIAN MARSHALL

TRANSLATION BY KENJI MIZUGAKI/GALILEO

WIRED(US)

新しいジムの会員になったり、1週間の船旅をしたりといったことは、理論的には素晴らしいことである。その多くと同じように、電気自動車(EV)があなたにとって有益かどうかは、結局のところ「ロジスティクス」の問題に行き着く。

具体的には、1回の充電でどこまで走っていけるか。そして、クルマのバッテリーを使い果たしたときに、必ず近くのどこかに充電できる場所があるという確信がもてるか--といったことだ。

フォルクスワーゲンは、その解決方法のひとつを手にしたと考えている。というのも、同社は「モバイル充電ステーション」というコンセプトを2018年12月末に公開したのだ。19年前半のうちに、まずVWの本拠地であるヴォルフスブルクで、またほかの都市でも20年には登場する可能性があるという。

巨大な“モバイルバッテリー”

「モバイル」という言葉は、ここではやや拡大解釈気味に使われている。この急速充電バッテリーステーションは、実際にはかなり大きいからだ。最大容量は360kWhで、テスラ「モデルS」のベースグレードの電池容量の5倍近い。

フォルクスワーゲンによると、この未来的なステーションは、充電の速さも特徴のひとつとなる。EV(例えば、同社「ID」シリーズの新型モデルなど)の充電を、平均わずか17分で完了するという。

アイデアとしては、充電ステーションを絶えずあちこちに移動させるのではなく、まだ充電インフラが構築されていない地域に、いわば当座しのぎとして投下しようというものだ。これは、EV用の電源コンセントを常時確保するのが難しい人々、つまり集合住宅の居住者や、路上駐車を余儀なくされている人たちにとってもうれしいニュースだろう。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ