PR

WIRED WIRED

映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』予告編から浮上した、いくつもの疑問

Messenger

 映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』の予告編が公開された。そこから浮かび上がっているのは、数々の謎だ。スパイダーマンは塵になったはずではなかったのか。もしかすると時間軸が異なる世界のストーリーなのか。ほかにも誰か“復活”するのか--。

TEXT BY ANGELA WATERCUTTER

TRANSLATION BY AKARI NAKARAI/GALILEO

WIRED(US)

映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』では、ピーター・パーカーがクラス旅行で欧州に出かける。塵になったはずの人間としては考えにくい行動だ。IMAGE COURTESY OF SONY PICTURES
映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』では、ピーター・パーカーがクラス旅行で欧州に出かける。塵になったはずの人間としては考えにくい行動だ。IMAGE COURTESY OF SONY PICTURES

トム・ホランド、またの名をピーター・パーカー、さらに別名でいうとマーベル映画のスパイダーマンが、Instagramを使って『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』の予告編を1月15日に初公開した。

このトレイラーの大まかな内容は、われわれがすでに知っていることと一致している。パーカーは友人たちと欧州旅行に出かけるが、スパイディ・スーツは置いていくことにする。しかし、ニック・フューリー(演じるのはサミュエル・L.ジャクソン)が現れ、彼に「やるべき仕事がある」と告げる。

その仕事とは、何やらいろいろな理由があって欧州の半分を破壊しようと決意しているらしいスーパーヴィラン、ミステリオ(ジェイク・ギレンホール)と戦うことだった。

ふむ、面白そうだ。しかし、そこで記憶が蘇ってくる。あれ……スパイダーマンって……死んだはずでは?

永遠に死んだわけではない?

その通り。『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』[日本語版記事]の最後、サノスがついに、自らの「インフィニティ・ガントレット」にすべてのストーンをはめこみ、全宇宙の生命体の半分を滅亡させるという願いを叶えたとき、スパイダーマンは「スタークさん、気分が悪いんだ」と言って塵になってしまった。

それではどうして、彼は欧州を遊び歩いたり、ミシェル・ジョーンズ(ゼンデイヤ)と、ぎこちなくいちゃついたりしてるんだ? それについては説明が困難だろう。

けれども、推測するのはそう難しくない。『ファー・フロム・ホーム』も『インフィニティ・ウォー』も、コミックを元にした映画であり、原作のあり方を考えると、『インフィニティ・ウォー』で塵のように散ってしまった人たちは、みな永遠に死んだわけではないのかもしれない。

彼らがどんな仕組みで復活するのかは誰にもわからないが、筆者の推測はこうだ--。『インフィニティ・ウォー』の最後では、ウォン(ベネディクト・ウォン)がどうなったのかは、明らかにされていない。そのウォンが、何らかの計画を実行するのではないだろうか。

その計画とは、ドクター・ストレンジ(ベネディクト・カンバーバッチ)がサノスにタイムストーンを渡したときに口にしていた、そしてのちにトニー・スターク(ロバート・ダウニーJr.)にも「ほかに道はなかった」と伝えていたものだ。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ