PR

WIRED WIRED

「再生プラスティック」を使ったファッションは、本当に環境に優しいのか?

Messenger

 再生プラスティックなど、環境に優しい素材を利用した衣類を製造するアパレル企業が、大手からスタートアップまで急増している。マイクロプラスティックによる海洋汚染などが問題となって消費者の意識も変化するなか、持続可能性に配慮したマーケティングを展開する。だがこうした取り組みは、果たして本当に地球にとってよいことばかりなのか?

TEXT BY ARIELLE PARDES

TRANSLATION BY MAYUMI HIRAI/GALILEO

WIRED(US)

PHOTOGRAPH COURTESY OF EVERLANE
PHOTOGRAPH COURTESY OF EVERLANE

マイケル・プレイズマンは、ファッション業界で働いている男性にしては、世界の海について非常に多くのことを考えている。海に流れ出て海岸線を汚染する物質や、下水と一緒に流れて魚に悪影響を及ぼすプラスティックなどについてだ。

プレイズマンはミニマリスト志向の衣料品ブランドであるエヴァーレーン(Everlane)の創業者である。同社は「ラディカルな透明性」を約束するというキャッチフレーズを掲げている。

プレイズマンが目指したのは、シリコンヴァレーに勤める人々がこぞって着るようなカシミヤのセーターやワイドパンツをつくることだけではなかった。多少なりとも「海を破壊しない」衣服をつくろうとしている。現在33歳のプレイズマンは、この哲学をエヴァーレーンがつくるあらゆるものに取り入れている。

2017年に初めてデニムシリーズを手がけたときは、染料や化学薬品による水質汚染を減らしてジーンズをつくることに注力した。シルクのシャツの販売を始めたときには、毒性のある染料を使っていない「クリーンシルク」としてブランド化した。プレイズマンによると、クリーンシルクは近いうちに、再利用水を100パーセント使用してつくられるようになるという。

300万本のペットボトルを使った衣類

サンフランシスコにあるエヴァーレーンの旗艦店へ行くと、体を包むようなシルエットになるコクーン・コートのコーナーがある。そしてその前を通り過ぎると、再生プラスティックでつくられた衣服が並んでいる。

これはエヴァーレーンの次なる取り組みである新商品で、新しいアウターウェアのシリーズ「ReNew」である。(現時点で)300万本の水のプラスティック製ボトルをゴミの埋め立て地や浜辺から救い出し、合成繊維として生まれ変わらせたものだ。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ