PR

WIRED WIRED

二日酔いの原因と科学的回避法とは? 『酒の科学』の著書が解説

Messenger

 人はなぜ酔っ払い、そして二日酔いになるのか? ベストセラー『酒の科学:酵母の進化から二日酔いまで』(邦訳:白揚社)の著者でもある『WIRED』US版の副編集長が、二日酔いを回避するためのさまざまな研究結果について紹介する。

TEXT BY ADAM ROGERS

TRANSLATION BY RYO OGATA/GALILEO

WIRED(US)

Q:二日酔いの原因は? どうしたら回避できる?

A:年末年始のホリデーシーズンには、宗教的な伝統や家庭の風習を重視したり、世間や家庭で寛大に振る舞ったり、お金関連の決断をしたり、盛り上がったり(あるいは、盛り上がったフリをしたり)しなければならない人が多い。そして、人によってはいつもよりお酒が増える。好きなだけ飲むタイプの人はこの時期、パーティや休暇、身内の集まりなどによって、飲み過ぎになりやすい。そして飲み過ぎると、とてもひどい朝が待っている。

二日酔いの経験がある人は、わたしが何を話しているのかおわかりだろう。ほろ酔いを超えた血中アルコール濃度が完全にゼロになるまでの症状は人によって違うので、わからないという人もいるかもしれない。二日酔いしたことがまったくないという人もいる(これには、アルコールの感受性と代謝スピードの点で遺伝的な差があるかもしれないが、二日酔いをしたことがないというオランダの学生を対象にしたある研究では、単に飲酒の量が少ないのが原因だった)。

一方で、消化管に症状が出るという人がいれば、頭にお酒が残るという人もいる。いずれにしろ、頭痛、下痢、食欲不振、脱水症状、吐き気、倦怠感、もつれ、認知障害、ひどい気分といった基本については、おそらくみなさんも認識されているだろう。

二日酔いの条件については、専門家ならとても詳しく知っているというわけではない。何が原因なのかはっきりしておらず、治し方も明確ではない。研究が少ないのだ。そのため「二日酔いの治し方」を自称する説があふれており、見通しがよくない。

「酔い」のメカニズム

とはいえ、概要は複雑なものではない。アルコールを摂取しなければ、二日酔いになることはない。お酒を飲んで血中アルコール濃度が0.1パーセントに達すると(正確ではない数字だが、ここではそういうことにしよう)、生理学的影響が雪だるま式に出てくる。

エタノール(お酒に含まれるアルコール)は、細胞の間をすり抜けて細胞に入り込むような小さい分子だ。それが消化管で抑制剤として作用し、消化管の運動性を下げる。エタノールは消化管から肝臓に向かい、肝臓に到達するとアルコール脱水素酵素という酵素によって分解が始まる。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ